あの有名なボクサーと同じ名前?レアルに移籍したモハメド=アリ・チョとはどんな選手?

サッカーコラム
この記事は約2分で読めます。
EA SPORTS FC24絶賛発売中!

モハメド=アリ・チョ アンジェ(フランス)→レアル・ソシエダ(スペイン)

2027年6月までの5年契約でリーグ・アンのアンジェから

スペインラ・リーガのレアル・ソシエダに加入したモハメド=アリ・チョ。

名前の途中までがあの蝶のように舞い、蜂のように刺すのフレーズで有名なアメリカのボクサー

モハメド・アリと同じという覚えやすい名前をしている。

その移籍金はおよそ1200万ユーロ(約17億円)。

現在18歳のチョはアンジェではクラブ史上最年少となる16歳7か月でデビュー。

21-22シーズンは32試合出場で4ゴール。

試合を重ねるごとに着実に成長し、クラブの主力として堂々とした活躍を見せた。

左利きながら主戦場は右サイドと、いわゆる逆足のウインガータイプ。

前線ならセンターでもプレー可能で、幅広い役割をこなす。

幼少期はパリ・サンジェルマン(フランス)のアカデミーで育ち、

2015年にイギリスに移住してからはエバートン(イングランド)のアカデミー育ち。

当時はU-16時はイングランド代表にも召集されている。

2020年再びフランスに戻るとアンジェとプロ契約。

U-21時はフランス代表としてプレーするなど複雑な経歴を持っている。

トッテナム(イングランド)、ドルトムント(ドイツ)、レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)など

各国リーグ上位チームが興味を示すなど注目が集まる中でラ・リーガ(スペイン)でのプレーを選択。

ラ・リーガでのプレーに早く適応することが出来るかが活躍の鍵になるか。

新シーズンでの飛躍が期待される若手の逸材。

コメント

タイトルとURLをコピーしました