シェアする

【動画あり】なでしこジャパンついにワールドカップ決勝へアメリカと対戦!勝利の鍵は澤穂希!

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓
スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

宮間あや「W杯は渡さない」

女子ワールドカップ準決勝が7/1に行われた。

結果はなでしこジャパンが相手のオウンゴールで土壇場で逆転、そのまま逃げ切り勝利した。

試合後にチームキャプテンである宮間あやは

「チーム全員の力だと思う」と誇った宮間。「とにかくチームの力だと思う。相手のアンラッキーなゴールですけど、気持ちで押し切れたんじゃないかなと思います」

http://news.livedoor.com/article/detail/10299715/

と語っており、この勝利は戦術ではなく「メンタルの強さ」によってもたらされたものであったといえる。

そして次の対戦相手はアメリカ。

過去にまだ1勝(前回のワールドカップでの決勝のみ)しかしていない相手ではあるが、

「ロンドンでやられてるのでW杯は渡さない」とキャプテン宮間は自信に満ちており、勝利に対しての執念はアメリカには負けていない。

アメリカの警戒すべき選手は美人過ぎるストライカーアレックス・モーガン

やはりアメリカで最も警戒すべき選手はアレックス・モーガンだろう。

スピード、パワー、テクニックと3拍子揃った完璧なストライカーで、合わせて美貌も併せ持つという恐ろしい選手である。

ではこのモーガンにマンマークをつけ、封じ込むことができればなでしこジャパンは楽に勝てるのか?

残念ながらそれは無理であろう。

アメリカにはモーガン以外にも注意すべき選手がいる。

ワンバックとロイドには要注意!

2011年ドイツワールドカップでもなでしこジャパンが苦しめられたFWワンバックと10番カルリ・ロイドだ。

特にロイドはロンドンオリンピック決勝でなでしこジャパンに2得点しており、ヘディング、ミドルと多彩なシュートをはなつ非常にやっかいな選手だ。

ワンバックについてはセットプレーでナイジェリアからヘディングゴールを決めており、後半途中から交代してきたときは、集中力の切れる時間帯でもあるので注意したい。

この3人をいかにうまく仕事をさせないようにするかが、勝利のキーポイントになるであろう。

勝利のキープレイヤーはなでしこジャパンの生けるレジェンド『澤穂希』

あちらに強力なワンバックというスーパーな控えがいるならこちらはなでしこジャパンの生けるレジェンド「澤穂希」がいることを忘れてはならない。

ドイツワールドカップでも土壇場にゴールを決めた勝負強さは他の選手とは比較にならないものだ。

きっとでこのカナダワールドカップの決勝でもゴールを決めてくれるであろう。

米スポーツ専門局のESPNは優勝チームを米国67%予想しているが、是非この下馬評を覆してもらいたいと願っている。

sawa_hinomaru_2

カナダ女子ワールドカップ決勝に勝利しバンクーバーで再び優勝トロフィーを掲げるのは、

我らがなでしこジャパンだーー

The following two tabs change content below.

Naoki

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます! 静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」 サッカーファン同士のコミュニティを作るのが夢。 管理人の詳細なプロフィールはこちら  
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,185人の購読者に加わりましょう