シェアする

【問題児を放出したい】バルセロナが2019冬の移籍で獲るべき4選手とは?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓
スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

今季リーガで苦戦するバルサ。精彩を欠くマウコムと遅刻癖が直らないデンベレは用済みか

バルセロナが今冬大幅なアップデートを刊行するかもしれない。

理由はまず、今夏ローマから強奪したマウコムが今一つというところと

ドルトムントから作シーズン加入したデンベレの遅刻癖が直らないということで

バルサは見切りをつけているという可能性があるからだ。
Embed from Getty Images
デンベレは136億円でバルサに加入したが、まだ若く、

練習に遅刻してきた理由が朝早い時間までゲームをしていたからだという。

バルセロナOBであるベルント・シュスターは

バルセロナは彼にとって巨大過ぎる。彼のピッチ外での振る舞いを獲得する前にわかっていなかったことは、大きなミスだった

https://www.goal.com/jp

デンベレを獲得したことは間違いだったと大胆に指摘しており、

不要論は日に日に高まるばかりだ。

そんなバルサの冬に補強すべき選手を紹介していく。

ダビド・ルイス DF  チェルシー

Embed from Getty Images
バルサの最も層が薄いのがCBで、アヤックスのデ・リフトが本命とされているが

争奪戦は必至と予想されるため、事実上冬の獲得は不可能。

ここで応急措置として19年6月に契約が満了となる

チェルシーのダビド・ルイスの獲得である。

しかし契約を1年延長しているとも報じられており、

サッリ監督に忠誠を誓っている点、さらにチェルシーのもう一人の

ベテランDFギャリー・ケーヒルが1月の移籍で出ることが予想されるため

こちらの獲得も困難を極める。

あくまでデ・リフトよりは簡単という意味だ。

アドリアン・ラビオ MF パリサンジェルマン

Embed from Getty Images
ラビオは10代の頃から生まれ故郷であるパリサンジェルマンでプレーをしてきた。

しかし今季から監督となったトゥヘルとラビオ本人ではなく、彼の代理人である母親が対立。

それが原因となり契約を更新しないことが決まった。

来夏になればフリーでラビオを獲得できるがバルサとしては今冬獲得したいだろう。

イタリアのユベントスがラビオの獲得に前向きだが、ラビオ本人がイタリアには行かないと言っており、

現状第一候補はプレースタイルにも合っているバルサだろうか。

バルサとしてもブスケツとラキティッチ、ビダルという中盤3人が30代なので

23歳の若く安価で獲れるラビオは喉から手が出るほど欲しいはずだ。

ウィリアン MF チェルシー

Embed from Getty Images
現在30歳のウィリアンは2013年からチェルシーに在籍し

「このクラブを去りたいなんて言ったことはない」とクラブに忠誠を誓っている。

だがバルサとしては先ほども説明した通り、ウイングの補強をすることが急務。

今夏狙っていたという点と一番現実味があるとしてウィリアンの獲得が予想される。

マウコムとのトレードも可能だがそれはチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が

どれだけ必要としてくれるかだろう。

サッリ監督が求めているのはビッグクラブで活躍するイグアインのような

CFだと言われているが果たして…

ティモ・ヴェルナー FW  ライプツィヒ

Embed from Getty Images
ドイツ代表でも活躍し、カタールワールドカップでも主力として期待される

22歳の若きストライカー。

未だにビッグクラブでプレーしたことはなく、本人もそろそろステップアップを望んでいるはず。

バルサとしてはスアレスの後釜を獲得したいはずで、ヴェルナーはイカルディと共に

その候補となる。控えのムニルが少し物足りないので獲得はしたいはず。

The following two tabs change content below.

Naoki

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます! 静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」 サッカーファン同士のコミュニティを作るのが夢。 管理人の詳細なプロフィールはこちら  
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,318人の購読者に加わりましょう