シェアする

NHKはテーマソングを選ぶセンスが半端ない?歴代サッカーW杯テーマソング5曲とは?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓
スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

2002日韓ワールドカップ/mugen ポルノグラフィティ

日韓で開催されたワールドカップで使われたのは

ポルノのmugenです。

2002年は開催国として日本は出場しました。

当時の周囲の反応は、日本が開催国として恥をさらすのではないかというもの。

それもそのはず、初出場した98年フランス大会は3戦全敗だったのでこの評価は納得できます。

そんなプレッシャーのかかる大会で使用されたポルノのmugenには思い入れのある人も多く、

グループステージを初めて突破したこともあり、ワールドカップといえばこの曲という人も多いです。

2006ドイツワールドカップ/チャンピオーネ ORANGERANGE

黄金の中盤と評価され、日韓大会以上に期待されたジーコジャパンでしたが

ドイツでは初戦のオーストラリアに逆転負けを喫し、

1勝もできないままグループステージ敗退となりました。

その失意を味わった大会のテーマソングに起用されたのが当時人気絶頂だった

ORANGERANGEのチャンピオーネでした。

この曲を聞くと頭突きをして引退したジダン、日本の中田英寿を思い出し、

なんか切なくなります…

2010南アフリカワールドカップ/タマシイレボリューション superfly

この曲は当時サッカーにハマりはじめていたので鮮明に覚えています。

日本代表もこの大会で本田や岡崎、長谷部、川島などの若い世代が台頭し大活躍をしましたね。

タマシイレボリューションに合わせた本田のデンマーク戦でのフリーキックのゴールリプレイは

何度見てもしびれます。

またsuperflyさんの歌唱力が高く、声量もすごいため

これを永遠に日本のワールドカップテーマソングにしては

どうかとの意見もあります。

2014ブラジルワールドカップ/「NIPPON」椎名林檎

2014サッカーW杯NHKテーマソングを椎名林檎さんが歌ってましたね

歌詞が愛国心あふれる感じになっていますが、

これが一部の人から軍歌のようだと批判がありサッカー以外のとこで話題になっていました。

歌詞は賛否両論ありますがこの歌を聴いてるとすごい高揚感が湧いてきます!!

W杯では残念ながらグループリーグ敗退となってしまいましたが、

この歌のおかげでなんとかW杯ショックから抜けたかたも多いのではないでしょうか。

歌詞が見事にW杯とリンクしており、音楽も独特なものに仕上がっているため、

非常にセンスのいい歌ですね

2018ロシアワールドカップ/「VOLT-AGE」Suchmos

今回のロシアワールドカップで使用された楽曲は歴代の曲と比べると

何か違和感がある曲でした。

最初に思ったのはなぜNHKはワンオクのWe areを使わなかったのかということです。

2017年からJリーグの紹介番組などで使われていました。

そのままワールドカップで使用しても全然ありだったのに残念なことです。

で、新たに使われたVOLT-AGEですが実はこの曲、テンポこそ速いのですが

どうやら使っている楽器の影響からかテレビで聞くと遅く感じるとのこと。

詳しくはこの動画をご覧ください↓

正直いい曲だと思うのですが、印象に残る曲かと言えばそうではなかったです。

試合のテンポが速いサッカーには合わない曲だったかなと思います。

ただこの曲のおかげなのか?わかりませんが日本は

3戦全敗の予想を見事覆しベスト16に。

逆に落ち着いていたからよかったのかな?

The following two tabs change content below.

Naoki

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます! 静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」 サッカーファン同士のコミュニティを作るのが夢。 管理人の詳細なプロフィールはこちら  
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,185人の購読者に加わりましょう