【戦術はロナウド】元ブラジル代表ロナウドのバルセロナ時代が最強すぎた

レジェンド
この記事は約2分で読めます。
EA SPORTS FC24絶賛発売中!

元ブラジル代表のロナウドとはどんな選手?

元ブラジル代表で

欧州サッカー界の

名門レアルやバルセロナに在籍していたロナウドは

ブラジルサッカー界ではスーパーレジェンドの一人です。

おそらくペレと比べられる存在でしょう。

でもペレのほうが上と感じますが。

2002年日韓ワールドカップでは

「リバウド」「ロナウジーニョ」と共に最強の攻撃陣を形成し、

見事ブラジルを優勝に導きました。

ロナウド経歴

1993-1994 クルゼイロ

1994-1996 PSV

1996-1997  バルセロナ

1997-2002 インテル

2002-2007 レアルマドリード

2007-2008 ACミラン

2009-2011 コリンチャンス

2011年ブラジルのコリンチャンス在籍時に現役を引退しています。

 

バルセロナではバロンドールを5回受賞したアルゼンチン代表のリオネル・メッシを中心としたパスサッカーが有名ですが・・

バルセロナといえば多くの日本人の方がすきなチームで、あのアルゼンチンのバロンドール(世界最優秀選手)

5度受賞のリオネル・メッシ選手がいることでも有名ですよね。

今でこそバルセロナといえば組織的なパスサッカーで、ボールを自分たちで回して

相手のボールにさせない戦術で知られています。

が、しかし・・・・・

バルセロナにはパスワークが存在しない時代があった・・

そんなバルセロナにも戦術がない時代が1996-1997シーズンのロナウドが

在籍していた1年間にあったのを皆さんはご存知でしょうか??

この時代は華麗なパスワークではなく、個人の戦術に頼っていた時代でした。

このときのロナウドはまさに無双状態で最強のFWでしたね。

1996-1997シーズンのバルセロナは「戦術がロナウド」だった

「戦術はロナウド」

この頃のバルセロナのことを指します。

ゴールシーンをみてくれればわかるのですが、

ロナウド氏(今は引退しています)自身の個人技によるゴールが多いですよね。

今でいうパスで崩すサッカーとは違い、

ロナウド氏の個人技に頼るサッカーをこの当時のバルセロナはしていました。

パスワークなんて無意味というのが正しい表現でしょうか。

多くの現役選手がこのロナウドを比べられては

批判されるのをよく記事でみます。

そのくらいロナウドの個人技はすごかったのです。

こういった時代があったからこそもしかしたら今のバルセロナが、あるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました