マラドーナ神の子と呼ばれた男の伝説を振り返る

レジェンド
この記事は約2分で読めます。
EA SPORTS FC24絶賛発売中!

アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナ。

彼は、類まれなる才能とカリスマ性で世界を魅了し、フットボール界に革命を起こした人物です。

しかし同時に、薬物問題や私生活のトラブルなど、多くの問題を抱えた人物でもありました。

光と影を背負ったマラドーナの生涯を、振り返ります。

1. 天才少年の誕生

1960年、アルゼンチン・ラヌースに生まれたマラドーナは、幼い頃から卓越したサッカーセンスを発揮していました。

15歳でアルヘンティノス・ジュニアーズに入団し、プロデビューを果たすと、その才能は瞬く間に開花。

1981年にはボカ・ジュニアーズに移籍し、国内リーグを制覇します。

2. バルセロナとナポリでの栄光

1982年、スペインのバルセロナに移籍したマラドーナは、その華麗なドリブルとパスセンスでファンを魅了します。しかし、ピッチ内外でのトラブルが続き、2年後にナポリへ移籍します。

ナポリでは、チームをセリエA初優勝に導き、神のような存在として崇められます。

3. 1986年W杯伝説の試合神の手ゴールの誕生

1986年メキシコW杯、マラドーナはアルゼンチンを優勝に導きます。

中でも、イングランド戦での2ゴールは、特に有名です。

1点目はドリブルで5人を抜き去ってのゴール、2点目は「神の手」と呼ばれるハンドゴールでした。

この2ゴールは、マラドーナの天才性を象徴する瞬間として、今も語り継がれています。

4. 薬物問題と晩年

しかし、頂点に立ったマラドーナは、徐々に影の部分を見せ始めます。

薬物問題に苦しみ、1991年にはコカイン陽性反応で出場停止処分を受けます。

その後も、引退や復帰を繰り返しながら、健康状態や精神的な問題に悩まされます。

2020年11月、60歳で心不全のためこの世を去りました。

5. 複雑な人物像

マラドーナは、天才と狂気、光と影を併せ持つ複雑な人物像を持つ人物でした。

彼の功績は計り知れませんが、同時に多くの問題も抱えていました。

それでもなお、多くの人々にとって彼は、サッカーの神であり、希望の象徴であり続けるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました