【一番走っている働き者は?】Jリーグ屈指のスプリンター3選手を紹介


☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
Jリーグ

Jリーガーが1試合平均の走行距離は10km〜12kmほどと言われているが、

試合の決定的な場面で重要なのは「スプリント」である。

今回は、今シーズンの公式トラッキングデータを

もとにスプリント回数の多い3選手を紹介していきたい。

 

 

スポンサーリンク

【鹿島アントラーズ】小泉 慶

鹿島アントラーズのMF 小泉 慶選手。

無尽蔵のスタミナと強度の高いプレーで絶大な存在感を示している。

第16節C大阪戦では、スプリント数「46」を記録。

スプリントというと、ゴールに迫るシーンを想像しがちだが、

小泉選手の場合は守備時の貢献度が非常に高いことが特徴だ。

小泉選手の絶大な献身性がチームを支え、

徐々に調子を上げてきた鹿島の今後の巻き返しに期待したい。

 

【ヴィッセル神戸】古橋 亨梧

ヴィッセル神戸のFW 古橋 亨梧選手。(現在はスコットランドのセルティックに移籍)

今シーズン既に13得点を記録しており、

得点ランキングトップ。(2021年6月23日現在)

日本代表にも選出されている今最も注目すべきJリーガーの1人だ。

第11節鹿島戦ではスプリント数「53」を記録し、

引き分けに終わったものの自ら得点を奪っている。

爆発的なスプリント力でゴールに迫るプレーが魅力的だった。

セルティックに移籍したため古橋の走りがJリーグでみれないのは残念に他ならない。

 

【横浜Fマリノス】前田大然

横浜FマリノスのFW 前田大然選手。

東京オリンピックに望むU24日本代表に選出され本大会にも出場したスピードスター。

第8節C大阪戦でスプリント数は脅威の「62」を記録。

類まれな身体能力の持ち主であり、爆発的なスピードで相手を翻弄する。

日本屈指のスプリンターはオリンピックのフランス戦でも待望のゴールを決めた。

前田の次の舞台はカタールワールドカップだ。

 

Jリーグの”走り屋”が相手を翻弄し、チームを勝利に導けるか?

Jリーグも残り10試合を迎え、順位争いをさらに意識する時期が到来し始める。

上位進出を狙うチーム、ACL圏内を狙うチーム、残留を狙うチームなど事情はさまざまだ。

しかし、どのチームでも走れる選手は確実に重宝される。

Jリーグ屈指の走り屋たちの活躍に今後も期待していきたい。

dortmund

長期に契約したフットウォールのライターです。主にゲーム記事を担当します。

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

26,113人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

Jリーグサッカーコラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました