シェアする

海外サッカー日本人選手の現在の移籍金は?推定市場価格トップ5をまとめてみた!

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓

9月10日、アジア2次予選で日本代表は2-0で勝利しました。次戦は10月10日、モンゴル戦です。本田、香川などベテラン選手が選考から外れ、平均年齢25.3と大幅に若くなりました。

推定市場価格は選手の年齢、所属クラブ、経歴から、選手の価値を総合的に判断したものです。最近、若い日本人選手で海外挑戦する人が増えてきています。日本人選手の推定評価額はどれくらいでしょうか

スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

第一位 中島翔哉(FCポルト) 2500万ユーロ(約32億5000万円)

Embed from Getty Images
カタールのアルドゥハイルから日本人トップの3500万ユーロ(約43億7000万円)で移籍した中島選手が選ばれました。まだポルトでは出場機会が少ないものの10番を背おっています。

第二位 堂安 律(PSV) 1000万ユーロ(約13億円)

Embed from Getty Images
フローニンゲンからPSVに移籍した堂安選手。東京オリンピック世代の21歳、フローニンゲンでの活躍が認められた様ですね。

PSVはアヤックスと並ぶオランダリーグの強豪、競争に関してはフローニンゲンとは

比較にもならないほど熾烈です。

日本のレフティーが今シーズンレギュラーポジションをつかめるのか注目ですね。

第三位 武藤嘉紀(ニューカッスル) 900万ユーロ(約11億7000万円)

Embed from Getty Images
日本代表CB吉田麻也選手と同じくプレミアリーガーの武藤選手。

怪我などもあり、最近、代表に選ばれていなかったのですが、堂々の3位です。

第三位(同率)冨安健洋(ボローニャ) 900万ユーロ

Embed from Getty Images
シントトロイデンで、高い評価を得て、ボローニャに移籍した富安選手。和製ファンダイクとして頑張って欲しいです。

セリエAでは本田と長友が退団したためしばらく日本人がプレーしていませんでしたが

冨安選手が見事名門に移籍を果たしました。右サイドバックとしてクラブではプレーしており

ユーティリティー性を向上させています。

第五位 酒井宏樹(マルセイユ) 800万ユーロ(約10億4000万円)

Embed from Getty Images
フランスの強豪マルセイユの酒井選手。マルセイユではスタメンに定着しているので納得ですね。

今シーズンは開幕から4試合連続フル出場をしていましたが、代表戦で負傷したこともあり

モナコ戦と前節のモンペリエ戦を欠場しています。

リーグアンのファンは彼の1日も早い復帰を願っていることでしょう。

The following two tabs change content below.

ゲストライター

footwall購読者を中心に毎回匿名希望のライターがそれぞれの目線から発信!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,185人の購読者に加わりましょう