最新移籍情報はこちら

【アーセナル最強時代の終わり】ベンゲル時代の功績2005-06CL決勝進出を振り返る

コラムまとめ
この記事は約3分で読めます。
EA SPORTS FC24絶賛発売中!

2005-06シーズンは無敗優勝のメンバーが退団しても強かった

ベンゲル体制のアーセナルで最も強く、最強と言われた時代は2003-2004シーズンであるといえるが、

実は2005-2006シーズンもそれに比較するくらいに強かった。

とりわけチャンピオンズリーグでは決勝まで駒を進め、

当時最強だったスペインのバルセロナと互角に試合をしていた。

アーセナルは先制したので、GKレーマンの退場がなければ勝っていた試合だったように思える。

アーセナルは新しい時代を迎えており、

無敗優勝のメンバー

パトリック・ビエラ

デニス・ベルカンプ

マーティン・キーオン

はクラブを退団していた。

代わりに入った、若手

セスク・ファブレガス

ロビン・ファン・ペルシー

エマニュエル・アデバヨール

コロ・トゥーレ

マテュー・フラミニ

エマニュエル・エブエといった選手が

見事に穴を埋めていた。

 

バルセロナとの決勝戦まで決勝トーナメントは無失点

このときのアーセナルは攻撃もすごかったが守備も安定していた。

ビエラという中盤の壁がいなくなったことでシーズン序盤は苦しんだが、

CLではレアルとの決勝トーナメント1回戦を制すると、

無失点で決勝まで勝ち上がっている。

決勝ではGKのレーマンが退場したことで数的不利となり、

2-1で惜しくも敗れた。

 

当時最強だったバルサ。あのイニエスタが控えに


2005-2006シーズンのバルセロナは強かった。

日本でも有名なスペイン人のMFアンドレス・イニエスタが

ベンチにおり、

スタメンにはエトー、ロナウジーニョ、デコなどが名を連ねていた。

CL優勝はして当然のチームではあったが、

後半に試合終了残り9分という時間までにピッチ上では9人となった

アーセナルから2点目を取ることはできていなかった。

おそらく、GKのレーマンが退場をしなければこの試合はアーセナルが勝っていただろう。

 

ベンゲル時代の終焉。アルテタがプレミア優勝争いをするかつてのアーセナルを復活させる

2005-06シーズンはベンゲル時代で最後の輝きを放ったシーズンであり、

終焉の始まりでもあった。

このシーズンを境にアーセナルはCLはおろか国内のプレミアリーグの優勝すらできなくなってしまう。

昨シーズンようやく暗い長いトンネルを抜けたアルテタ監督のアーセナルが

20年ぶりのプレミアリーグ優勝まであと1歩と迫り、

アーセナル復活を予感させた。

2022-2023シーズンは優勝したマンチェスターシティとはわずか5ポイント差。

今シーズンは5試合を消化し勝ち点10で5位につけており、

優勝を狙える位置にいる。

メンバーもアルテタが見極めて獲得した若手が中心で

ブカヨ・サカ

エンケティア

ウーデゴール

ラムズデイル

ベン・ホワイト

ジンチェンコなど

20代の選手ばかりである。

ベンゲルからアルテタへ。

アーセナルは久しぶりの黄金期を迎えようとしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました