シェアする

【世界最強リーグだった時代】セリエAで活躍できず去っていったリーガ出身の4選手とは?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓

2009年にレアル·マドリッドに入団以降、9年間に渡り数々のクラブ記録を塗り替えてきた

クリスティアーノ・ロナウドが今季移籍金約130億円でイタリアのセリエA、

ユベントスへと移籍し、33歳にして初のセリエA挑戦となります。

リーガ·エスパニョーラも厳しいリーグで有名ですが、

セリエAもかつては世界一厳しいリーグとして知られ、

今までも多くの選手が挑戦挫折しました。

スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

MF ガイスカ·メンディエタ(2002年、バレンシア~ラツィオ)

Embed from Getty Images
1993年にリーガデビュー、1995年からレギュラーに定着し、

以後は中心選手として活躍、2002年、

当時移籍金約50億円(当時世界第6位)でラツィオへ移籍したものの、

20試合無得点で期待された様な活躍が出来ず、僅か1年でチームを去る事となりました。

FW フリスト·ストイチコフ(1995年バルセロナ~パルマ)

Embed from Getty Images
90年代前半「ドリームチーム」と呼ばれリーガ4連覇を達成したバルサの中心的選手、

1995年にパルマへ移籍したものの、バルサの時の様な結果は残せず(23試合5得点)

確執のあったクライフの解任もあり僅か1年でバルサへ復帰しました。

MF ジョゼップ·グアルディオラ(2001年バルセロナ~ブレシア、2002年ローマ、2003年ブレシア)

Embed from Getty Images
90年代のバルセロナの中心的選手、輝かしい経歴を引っ提げ2001年、

当時ロベルト·バッジオが所属していたブレシアへ移籍、

以後3年間イタリアでプレーしたもののドーピング問題といった不運も重なり活躍をするに至らず、

特にローマに在籍した2002~2003シーズンは

僅か3試合しか出場出来ませんでした。(3年間通算28試合3得点)

FW リバウド(2002年バルセロナ~ミラン)

Embed from Getty Images
90年代後半のバルサの象徴で1999年、バロンドール受賞、2002年、

確執があるルイス·ファン·ハールの監督就任を気にミランへ移籍、

しかし私生活の問題やイタリアのスタイルに馴染む事が出来ず僅か1年で

イタリアを後にしました。(22試合5得点)

The following two tabs change content below.

ゲストライター

footwall購読者を中心に毎回匿名希望のライターがそれぞれの目線から発信!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,318人の購読者に加わりましょう