【移籍金21億円でモナコ移籍】南野拓実は日本代表でいらないとされてしまうのか?

サッカーコラム
この記事は約5分で読めます。

リバプールではレギュラーになれなかったものの移籍金を2倍にした南野拓実

我らが日本代表のエースである南野拓実が

今夏の移籍市場で

リバプールからフランスリーグアンの

モナコへと移籍を果たした。

リバプールは在籍2年半という短い期間だったものの

カップ戦の優勝にゴールで応えるなど

少なからずインパクトを残した。

しかしリバプールには

フィルミーノ、マネ、サラーという3トップが君臨し

ジョッタやルイスディアスなどといったFW陣が次々に加入し

南野の居場所を奪っていった。

リーグ戦でゴール数が少なく、スタメンを勝ち取れなかったのも

選手層の厚さゆえ仕方のなかったことだろう。

だが今回出場機会を求めて

移籍金21億円でモナコへと移籍。

都落ちと評価する人もいるだろうが

ザルツブルクからリバプールへ移籍したときの金額が12億円ということを

考えると南野は自らの価値を2倍にしていることがわかる。

しっかり古巣に移籍金を残しているのだからさすがである。

 

モナコ対PSVのCL公式戦ではスタッツがひどすぎてファンから酷評の嵐

8月9日に行われた

CL予選の3回戦2ndレグで

モナコはPSVと対戦。かつて日本代表の堂安律が所属してた

オランダの強豪相手に

南野の実力を示せる機会ではあったが

先発したにも関わらず、ゴールもアシストも0。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AS Monaco 🇲🇨(@asmonaco)がシェアした投稿


しかもシュートも0とデータ上ではいいところはなし。

チームは延長線の末負けてしまい、屈辱のヨーロッパリーグへと回ることになった。

後半南野の代わりに入ったジェウソン・マルチンスは

1アシストを決め、チームに貢献。

南野の評価はこれでかなり下がってしまったといっていい。

さらに海外のファンも

「ミナミノはスターになるはずだったが、もういらない」

「存在感がまるでない」

などと言っており、

酷評の嵐である。

相変わらず守備への貢献は高い南野だが

攻撃で結果がでない。

監督がせっかく信頼し南野を先発で使ってくれたのに

結果が出せなかったとなると出場機会も今後減っていく可能性があり、

場合によってはシーズンを折り返した時点で

日本の18番はファンから獲得は失敗、移籍したのは間違いないなどと言われる未来もあり得る。

 

ザルツブルクのジェシー・マーシュと相性が良かった南野。スタイルに合うのはリーズかライプツィヒ

南野拓実が名声を高めたのは

オーストリアのザルツブルクにいた頃だろう。

あの当時は得意な中央でプレーし、

怪物ハーランドが前線にいたため

常にゴール前ではマークの緩い南野は自由にトップ下でやれていた印象である。

相性のいい選手がいたこともそうだが

やはりアメリカ人指揮官である

ジェシー・マーシュが監督だったことも大きい。

彼はザルツブルク時代にクロップの最強リバプール相手に最高の試合をみせている。

これが南野がリバプールに移籍するきっかけとなった試合であり、

彼はゴールとアシストを決めて勝利に貢献した。


ジェシー・マーシュは南野の才能を引き出した名将であり、現在は

プレミアリーグのリーズ・ユナイテッドで監督をしている。

リーズであれば南野もうまく適応できたというのも考えられなくはない。

さらにザルツブルクと姉妹提携をしている

ドイツ・ブンデスリーガのライプツィヒも

南野がフィットする可能性が高い。

事実、ザルツブルクからエレベーター式に

若い選手がライプツィヒに移籍することはよくある話である。

戦術も似ているためフィットしやすいのだろう。

しかし今は南野はモナコの選手。

4年契約という長期であるため移籍はしばらくできないので

フランスで頑張ってもらうしかない。

今年はシーズン途中にカタールワールドカップもある。

ここで南野が活躍してくれないと

日本の森保監督はまた頭を抱えることになるだろう。

 

モナコ移籍後活躍できない南野は日本代表のお荷物いらない存在に

加入以降、彼は元気がなく、いまだに何度もボールを失っている。最も初歩的なものでさえも彼にとっては痛々しいものになっている

GOALより引用

これはモナコの現地紙の南野拓実に対する評価だ。

日本代表で10番を背負う選手にとって

屈辱的な評価である。

モナコに移籍してからここまで全くチームに貢献できず活躍できてない南野。

チームもリーグ戦10位と今一つ波に乗り切れてない。

絶不調の南野拓実。9月にアメリカ、エクアドルとの

親善試合が日本代表の日程で組まれているが

このままでは招集されても活躍できそうにない。

完全なお荷物となり10番は剥奪されてもおかしくないだろう。

イケメン、かっこいいと呼ばれている南野だが

モナコで活躍できないと

代表でもかっこいいだけの存在になってしまい

チームに点やアシストで貢献できなければいらないとされてしまうだろう。

日本代表で共にフランスで活躍し、ゴールを決めている

スタッド・ド・ランスの伊東純也は評価されているだけに

南野にも同じように頑張ってもらいたいものだ。

コメント