シェアする

CL2連覇に障害?完璧なリバプールだけが抱えるみえない問題点とは?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓

19-20年シーズン終盤に突入しつつある中、今尚破竹の勢いで首位を独走しているリバプール。

このチームが目指しているのは、すでに手中に収めつつある悲願のプレミアリーグチャンピオン、

そしてCL2連覇。今回はこのチームが目標達成する上で、障害となる要素を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

懸念要素① サイドバックの選手層の薄さ

リバプールの両SBはアレクサンダー・アーノルドとロバートソンによって形成されています。

近年はSBにかなり大きな役割が任されるようになってきました。

以前のようにサイドを上下動をするだけではなくて、

機を見てセンターに入ってきてゲームをコントロールすることも求められます。もちろん守備もです。

この2人はそれらのタスクを完璧にこなします。

特にキック制度が素晴らしいです。中でも局面が膠着した状況でのセットプレー、

両者間でのサイドチェンジは圧巻です。

なので正直どちらかが欠場しただけで、攻撃面でのメカニズムを大きく変えざるをえなくなります。

怪我は突発的にやってくるものなので、バックアッパーの不在が命取りとなるかもしれません。

懸念要素② CLとプレミアリーグを戦う過密日程

前項と似てはいますが、やはりプレミアリーグとCLの両立の難しさです。

目に見える結果として、怪我人の発生があります。

リバプールには変えが効かない主力が他のチームに比べて割合が高いです。

なので、もしも誰かが負傷してしまったら一気にチームのメカニズムが崩壊してしまいかねないです。

それだけではなく、ハードスケジュールは気力を奪います。

なので、パフォーマンスやモチベーションの低下を引き起こします。

モチベーションに関してはクロップがいるために不安はありませんが、

わずかなパフォーマンスの低下は心配です。特にCLでは僅かな差が命取りとなりかねません。

弱点のないリバプールも今シーズンで最後かも?

正直これくらいしかリバプールの弱点は思いつきません。

それくらい今のチームは完成しています。

ですが今のチームの状態は絶頂にあるため、この状態がいつまで続くかはわかりません。

なのでとにかく今シーズンのリバプールの闘いを目に焼き付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,861人の購読者に加わりましょう