【成績不振で解任】監督をシーズン途中で交代させたJ1の7チーム


☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
Jリーグ
スポンサーリンク

横浜FC 下平隆宏監督→早川知伸

2019年シーズン途中から横浜FCを指揮し、

クラブを13年ぶりのJ1昇格に導いた名将を8試合未勝利ということで

今季早々に解任。

クラブも戦力を補強し、立て直しを図ったものの、

結局、力不足で来季はJ2へと降格することとなった。

 

鹿島アントラーズ ザーゴ→相馬直樹

2020年から鹿島アントラーズの指揮を執っていたザーゴ監督。

選手時代はセリエAのローマでもプレーした経験があった鹿島の新監督は、

今シーズンの開幕戦でいきなりつまずき、

それがよくなかったのか4月の半ばの時点で15位と低迷。

常に勝利を目指す常勝軍団はザーゴ監督に見切りをつけ、

日本人である相馬監督にクラブを託した。

 

ガンバ大阪 宮本恒靖→松波正信

ガンバ大阪のレジェンド選手である宮本恒靖監督は、

昨シーズンの成績を2位にし、ガンバ大阪を復活させた。

しかしなぜか今季は低迷。

宮本恒靖監督は5/13に解任されてしまう。

コロナの影響もあり、最終的に13位でリーグ戦をフィニッシュした

ガンバの再建は来シーズンみられるのだろうか。

 

湘南ベルマーレ 浮嶋敏→山口智

8月31日リーグ戦27節で湘南ベルマーレは浮嶋敏監督の退任を発表。

この時点で15位と残留するには厳しい位置にいたため、

山口コーチをクラブの監督に就任させた。

浮嶋敏監督といえば東京オリンピックのキーパー谷を使い続け、

湘南の少ない戦力で頑張った監督といえるだろう。

湘南は今季これが功を奏したか、見事J1残留を果たした。

 

セレッソ大阪 レヴィー・クルピ→小菊昭雄

2019年に監督業を引退し、今のセレッソの土台を作った名将。

セレッソのために監督復帰を決めたクルピだったが、

リーグ戦25試合で12位と低迷。

昨シーズン4位と好成績を残したチームとしてはいただけない順位。

クルピも同意の元、契約解除となった。

後任はコーチの小菊。結局監督交代でも順位は上がらず、

最終的に12位でシーズンを終えた。

 

サンフレッチェ広島 城福浩→沢田謙太郎

2018年からサンフレッチェ広島で指揮をとっていた城福監督が10月に退任。

2018年では2位、2019年6位、2020年8位とリーグ戦の順位は年々下がり、

今シーズンも低迷。

後任は沢田謙太郎ヘッドコーチとなった。

2022年シーズンはドイツ人監督のミヒャエル・スキッベに決まっている。

果たしてうまくいくのだろうか…

 

清水エスパルス ミゲル・アンヘル・ロティーナ→平岡宏章

ポジショナルプレーを得意とするロティーナを招聘し、古いスタイルからの

脱却を試みた今季のエスパルス。

だがしかし、開幕戦を勝利で飾ったものの、

選手にポジショナルプレーを浸透させるのに苦労し、

黒星ばかりを重ねていくことに。

ポジショナルプレーとは動きを最小限にして少ない動きで勝つサッカー。

一番効率がいい勝ち方ができる戦術だが、選手の理解度が低いと

ポジションが少しずれるだけでスペースが空き、守備に乱れが生じてしまう。

そのせいか、エスパルスは失点をどんどん重ねていった。

昨シーズンと同じく、ロティーナが解任されたあと、平岡コーチが監督に昇格。

残留を託された平岡監督は見事、低迷していたチームを立て直し

自力での残留を決定させた。

いつもギリギリのエスパルス、来季は果たして上位に食い込めるのだろうか。

 

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます!
静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」
プロサッカークラブの経営者になるのが夢。
管理人の詳細なプロフィールはこちら
 

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

26,093人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

Jリーグサッカーコラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました