シェアする

4年後に向け世代交代するぜ!9月に代表デビューを飾った強豪4ヶ国の選手とは?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓
スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

4年後のカタールW杯へ動き出した新生森保ジャパン。強豪国も若手を積極的に起用し再スタートをきる

9月にコスタリカとの試合を国内で行い、オランダで活躍する堂安律など

若手を積極的に起用し大勝した森保ジャパン。

同時期に日本だけでなく、世界の強豪も20代の若手を積極的に起用し、4年後を目指して

再スタートしている。

その強豪の中で今回代表初召集となった選手たちを今から紹介していこうと思う。

バンジャマン・ルコント フランス GK

Embed from Getty Images
FIFAランク1位でロシアワールドカップ優勝国のフランス代表から

唯一初召集だったのがキーパーのルコントである。

ロリスが負傷し、召集できなくなったためチャンスを得た27歳の

キーパーは昨シーズンのリーグアンで2番目に失点が少なかった

モンペリエの守護神。

アレオラがデシャン監督にとっての2番手ではあるが、チャンスをものにできれば

代表の主力になれる実力は十分にある。

ダニ・セバジョス レアルマドリード スペイン MF

Embed from Getty Images
ルイス・エンリケという新指揮官の元、

世代交代を図っているスペイン代表。

その代表に初召集されたのがレアルマドリードにいるダニ・セバジョスである。

運動量が持ち味の選手でクロアチア戦で先発し、攻守において活躍した。

まだ22歳と若い選手である。

ニコ・シュルツ ホッフェンハイム ドイツ DF

Embed from Getty Images
ロシアワールドカップでは前大会王者として醜態を晒してしまった

ドイツ代表。指揮官もレーブが続投となったが

相変わらずメンバーの新陳代謝には余念がない。

親善試合のペルー戦で左サイドバックとして先発した25歳のシュルツは

味方からのパスをダイレクトシュートし決勝点を決めている。

ジョバンニ・シメオネ フィオレンティーナ アルゼンチン FW

Embed from Getty Images
メッシ、アグエロ、イグアインというビッグ3の召集を見送り

イカルディなどワールドカップ未経験者20人を招集したアルゼンチン代表。

しかもそのうちの12人がA代表初召集というのが驚きである。

中でもアトレティコ監督のシメオネの息子であるジョバンニは

センターフォワードで起用され、デビュー戦ゴールを決めている。

インテルのイカルディとはポジションがかぶっており、

熾烈なレギュラー争いをこれから繰り広げることになるだろう。

The following two tabs change content below.

Naoki

当サイトの管理人 フットボールアマチュアトーク(サッカートークチャンネルやってます) 静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと過信している「サッカーバカ」 最近はサッカー観戦術を身につけるため日々奮闘中。 管理人の詳細なプロフィールはこちら  
メールでfootwallの更新情報をゲット!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

28,786人の購読者に加わりましょう

シェアする

フォローする