シェアする

【深刻な得点力不足】ワースト記録を樹立してもレアルマドリーのロペテギ政権は続くのか?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓
スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

クリスティアーノ・ロナウドがいれば…8時間も得点を取れなかったマドリー

レアル・マドリーが得点力の低さに苦しんでいる。

9月23日のラ・リーガ第5節エスパニョール戦の41分にマルコ・アセンシオが決めてから

公式戦5試合目リーガ第9節のレバンテ戦の72分まで実に8時間1分の間もだ。

こんなにも、1点取ることに苦労するマドリーは観たことがない。

なんたって、ここまで長く得点が取れなかったのは、

1984ー85シーズンの469分、7時間49分以来である。

「クリスティアーノがいれば…」そんなマドリディスタからのつぶやきが聞こえてきそうだ。

ジダンの後任はスペイン代表ラ・ロハから強引に引き抜いたロペテギ。焦った監督人選。

全ての始まりは、夏の失敗からだ。

クラブ史にその名を刻んだクリスティアーノ・ロナウドが退団。

大エースと共に、前人未到のCL3連覇を成し遂げたジネディーヌ・ジダンも

監督の任を自ら退いた。

クラブは、W杯開幕2日前にラ・ロハからフレン・ロペテギを強引に

引き抜き新監督に就任させる。

だが、この人選はまずかった。

スペインサッカー協会はなんの相談もなかったロペテギと

W杯開幕直前というデリケートな時期に就任を発表したマドリーに激怒。

世論も批判に包まれた。

また個人的には、ロペテギで良いのかとも思っていた。
Embed from Getty Images
確かに、クラブのOBで過去にBチームを率いた経験もある。

世代別代表では一定の成績を残しているが、その後率いたポルトでも1年目には、

CL準々決勝でペップ・グアルディオラ率いる

バイエルン・ミュンヘンを追い詰めるなど善戦したが、

2年目の途中に解任されている。

スペインのA代表ではW杯予選無敗突破しているが、

個人的には勝負弱くクラブでの経験が少ない点は

ネックになるのではと思っていたからだ。

また、ベンチでの振る舞いもそう。表情が基本的に気怠そうで覇気がない。

フロレンティーノ・ペレス政権下で早々に切られてきた監督達はだいだいそうだ。

GKクルトワが加入したものの補強は空振り。ロナウドから7を引き継いだマリアーノも沈黙…

補強面に関しても、クラブはミスを犯した。

退団した大エースの穴埋めをするべく、

PSGのネイマール、キリアン・ムバッペ、バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキ、

トッテナムのハリー・ケイン、バレンシアのロドリゴなど

各国のエース達をリストアップしたが、全て空振りに終わった。

更に、クラブが即戦力と見込み獲得したヴィニシウス・ジュニオールは
Embed from Getty Images

戦術理解度の低さから早々にトップチームの頭数に数えられず。

アトレティコ・マドリーとのUEFAスーパーカップ敗戦後は、

パニックバイに走ったが、結果獲得できたのは

GKのティボー・クルトワとリヨンから買い戻しオプションを行使したマリアーノだけ。

新監督が求めた第3のCBとワールドクラスのストライカーは来なかった。
Embed from Getty Images

クラブは、マリアーノに7番を付けさせマドリディスタ達を納得させようとしたが、

火に油を注ぐ事に。再デビュー戦でゴラッソを決め、

その先を期待させたがその後は沈黙が続いている。

後任はモウリーニョ?コンテ?レーヴ?クラブワールドカップのときは誰が監督になっているのか

先日のレバンテ戦で得点は取れたものの敗戦を喫したマドリー。

いよいよクラブ上層部も後任選定を真剣に始めたようで、

現在Bチームを率いているサンティアゴ・ソラーリ、

引退後カンテラの数カテゴリーの監督をし、

今季から現役の晩年を過ごしたベシクタジュのアシスタントコーチをしている

グティの2人がメイン候補と考えられているが、

クラブOBではないアントニオ・コンテなどの名前も上がっている。

更には、マンチェスター・ユナイテッド、ドイツ代表でそれぞれ立場が

怪しいジョゼ・モウリーニョ、、ヨアヒム・レーヴの2人は

共にペレスがお気に入りの監督と言われており、
Embed from Getty Images

彼らのどちらかが解任されるまではロペテギか暫定監督で凌ぐのではとも言われている。

ミッドウィークのCLでよほど悪い結果を出さない限りは、

クラシコまでは監督を代えることはしないと見られているが、

その先はわからない。過去にはラファエル・ベニテスが

クラシコでの大敗によって就任から半年経たずに解任されたこともある。

CWCが行われるころ、マドリーのベンチには果たして誰が座っているのだろうか。

The following two tabs change content below.

Seiya

海外サッカー中心に、日々観戦、リサーチしている21歳。小学生の時、ロナウジーニョに魅せられたのが、サッカーを観るようになったキッカケ。 Twitterアカウント:@elnino_7_18。ぜひ、フォローお願いします。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,318人の購読者に加わりましょう