シェアする

【金メダルがとれる世代】東京オリンピックで活躍が期待できる7選手とは?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓

先日のコスタリカ戦、見事白星を飾った森保ジャパン。

初陣ということで注目を集めたのは、東京五輪世代からA代表にメンバー入りした若手だった。

先発を果たした東京オリンピック世代の堂安律。

そしてそれより下のU-19世代から絡んでくる選手は?

 

スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

堂安律  フローニンゲン

Embed from Getty Images
左利きのドリブラーで現在はオランダでプレーしています。

先日の森保ジャパンA代表の初陣にも選ばれ、今注目度ナンバー1の若手選手です。

ロシアワールドカップに選ばれなかった悔しさをバネに、

間違いなくこれからの日本代表の中心選手になっていくでしょう。

伊藤達哉 ハンブルガーSV

Embed from Getty Images
ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVに所属する、ミッドフィルダーの選手です。

3年目でトップチームへ昇格し、勢いそのままに11試合で先発出場を果たしました。

そして彼はなんと、柏レイソルの下部組織からハンブルガーSVへの下部組織へ移籍しているので、

Jリーグを経験していない海外組なんですね。

若きころからその才能を認められ、その後の3年の成長もあり、2017年末に見事所属チームとの契約を延長。

先日のA代表・コスタリカ戦では堂安とともにメンバー入りしました。

久保建英 FC東京

Embed from Getty Images

東京五輪では、ど真ん中ではない世代にも注目したいところ。

2018年の段階では17歳・18歳の選手も、

2年もあれば劇的に成長する選手がいるのも

この世代別代表の魅力の一つ。その代表的な例が彼です。

2018年の6月で17歳になった彼ですが、

もともとはあのスペインの名門・バルセロナの下部組織に所属していました。

帰国後は15歳でFC東京のトップチームデビューを果たし、現在もJリーグで活躍中。

本人の目標としては18歳でバルセロナに戻ることだそうで、

東京五輪までの1年間はスペインの地でさらに成長して、

東京五輪で大暴れしてくれることでしょう。

橋岡 大樹 浦和レッズ

Embed from Getty Images
久保よりも2歳上ですが、浦和レッズ所属・19歳の橋岡も、U-19世代の選手です。

すでにトゥーロン国際大会で森保ジャパンに選ばれた経験があり、

森保監督が注目しているのは間違いないでしょう。

彼は2017年にトップチーム昇格を果たし、J1デビューは2018年4月ということで、

まだまだ経験は浅いです。しかしながら今シーズンは20試合に先発出場しており、

J1でも活躍していれば代表入りするチャンスは大いにありますから、

海外組に負けじと頑張ってほしいですね。

小川航基 ジュビロ磐田

Embed from Getty Images
全国高校サッカー選手権では4得点を決め

2016年鳴り物入りでジュビロ磐田に加入した21歳のFWです。

186cmの高身長で将来のポスト大迫勇也が期待できる選手でもあります。

東京オリンピックでは左ひざ前十字靭帯断裂で離脱し不完全燃焼で終わった

U-20ワールドカップでの借りを返す活躍をみせてほしいですね。

安倍裕葵 鹿島アントラーズ

Embed from Getty Images
若干19歳で来季から鹿島アントラーズの10番を背負うことになった

逸材でポジションは2列目のMF。

優勝したACLそしてクラブワールドカップでは10代とは思えないほど

落ち着いたプレーをみせており、将来が非常に楽しみな選手です。

東京オリンピックのメンバーに入るためには堂安や久保とポジション争いをしなければなりませんが

頑張って代表入りをしてほしいですね。

杉岡大輝 湘南ベルマーレ

Embed from Getty Images
2018年ルヴァンカップ決勝のMVPとなり、一躍有名になった杉岡大輝選手。

サイドバックの選手として守備スキルはもちろんのこと、

サイドからのアーリークロスやドリブルからの突破も魅力の1つです。

サイドバックにも高さが求められている昨今。

彼は182cmとヨーロッパでも活躍できる身長を持っています。

東京オリンピック後にブレイクする可能性は高いでしょう。

東京五輪はこれからの日本サッカー界を大きく左右する大会になる

森保監督の兼任

A代表と五輪世代の兼任は、トルシエ監督以来。

日本人監督として、Jリーグから輩出された監督として、

その結果は間違いなくこれからの日本サッカーの未来を左右する。

うまくいけば監督の育成も、着任後も、森保監督の例は常に参考にされるでしょう。

そして選手たちにとっても、

監督との信頼関係の面でのつながりの強さが代表での成績にどのように影響するのか、

そういった部分をアピールする機会になると思います。

2022年カタールワールドカップへの未来を占う大会

2018年ロシアワールドカップで、下馬評を覆す快進撃を遂げたサッカー日本代表。

次の大きな世界大会は2020年東京五輪です。

東京五輪では23歳以下の世代が戦うことになるが、

森保監督がA代表の監督も兼任することから、

彼らが次の2022年カタールワールドカップにメンバー入りする

確率も高いと予想されます。これからの彼らの活躍を期待したいですね。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,651人の購読者に加わりましょう