シェアする

イニエスタのJリーグ移籍はサッカー界の損失?欧州を離れるのが早すぎた6選手とは?

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓
スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

30才を過ぎヨーロッパから離れるワールドクラスの選手達

今夏Jリーグに元スペイン代表で

活躍した大物選手が加入した。

フェルナンド・トーレスとアンドレス・イニエスタである。

ヨーロッパで活躍する選手は30を過ぎると

ヨーロッパ以外のその他のリーグを選ぶ傾向がある。

バルセロナで活躍したイニエスタなどはまだまだヨーロッパで

活躍できるキレがあるが、

彼がレベルの低いJリーグに来たのも

バルサ以外のヨーロッパのクラブでプレーしたくなかったからだろう。

イギリスメディアではイニエスタをはじめ

欧州に離脱するのが早すぎた選手たちを紹介しているので

順にみていこうと思う。

アンドレス・イニエスタ バルセロナ⇒ヴィッセル神戸移籍

Embed from Getty Images
今シーズンJリーグのヴィッセル神戸に移籍してきた

スペインの天才選手。

バルセロナというトップクラブで10年以上活躍し、

バルサ一筋で過ごしてきた。

イニエスタからでるパスは一級品で、

「あんなパスは誰にも出すことはできない」

とアルゼンチン代表の元10番リケルメが褒めたたえるほどである。

現在34才と攻撃的なポジションの選手としては高齢で

ヨーロッパを離れるのも妥当な年齢ではあるが

イニエスタは衰えても別格。

まだ1、2年はヨーロッパで活躍できたという意見も多い。

デイビッド・ベッカム レアルマドリード⇒LAギャラクシー移籍

Embed from Getty Images
ベッカムといえば、知らない人はいない日本でも有名な選手である。

金髪ヘアーをなびかせ、

サイドからえぐいクロスを連発。

ユナイテッドでキャリアを積んだ後、

スペインの名門レアルマドリードに移籍。

当時銀河系軍団と呼ばれたスター軍団のなかで輝きを放った。

そして32才でアメリカのLAギャラクシーに移籍し、

ヨーロッパから離れたが

その後もミランに移籍したり、引退間際にはパリサンジェルマンに移籍したりと

ヨーロッパにも復帰している。

ファン・ロマン・リケルメ ビジャレアル⇒ボカジュニアーズ移籍

Embed from Getty Images
アルゼンチンで最高のパサーといえばこのリケルメではないだろうか。

ラ・リーガの魔術師と言われたリケルメは司令塔のポジションで活躍。

あのバルセロナにも在籍していたことがあったが10番をつけていただけの

印象しかなく、十分な活躍はできなかった。

その後、同じくスペインのビジャレアルに移籍し、

元ウルグアイ代表のフォルランと共に大活躍。

しかし29才の若さでビジャレアルを退団し、母国アルゼンチンの

ボカジュニアーズに復帰した。

ジョージ・ベスト マンチェスターユナイテッド⇒ジューイッシュ・ギルド・オブ・ヨハネスブルグ移籍

Embed from Getty Images
北アイルランドの伝説的プレーヤーで

アイドルのようなルックスからエルビートルと呼ばれていた。

17才の若さでマンチェスターユナイテッドとプロ契約をすると

それ以降、10年以上に渡って活躍。

29才の若さでユナイテッドを退団。

南アフリカのチームへと移籍した。

ロマーリオ バレンシア⇒フラメンゴ移籍

Embed from Getty Images
ロナウドと並び称されるブラジルの天才ストライカー。

バルセロナで活躍したことも共通点である。

さらに1994年のワールドカップでブラジルが優勝したときのストライカーが

このロマーリオである。

現代サッカー選手のように豊富な運動量はないが、

エリア内でボールがきたら必ずといっていいほどシュートを決めている。

ロナウドは広いエリアで動くタイプだが、ロマーリオは狭いエリアで仕事をする感じだ。

スペインのバレンシアを29才で離れ、ブラジルのフラメンゴへと復帰している。

ヨハン・クライフ バルセロナ⇒ロサンゼルス・アズテックス移籍

Embed from Getty Images
1974年のワールドカップ決勝で当時オランダの

中心的選手がクライフだった。

あの時代では珍しかった背番号14を好んでつけており、

クライフの活躍によって14番をつけるファンが急増。

オランダのトータルフットボールの体現者として知られ、

アヤックスやスペインのバルセロナで活躍した。

実はこのクライフ、ワールドカップには生涯で一度しか出場していない。

にも関わらず、世界最高のフットボーラーと評価する人のなんと多いことか。

クライフはピークを迎えた30才でバルセロナを離れ、ロサンゼルス・アズテックスというアメリカのチームに移籍した。

早すぎたヨーロッパ離脱だったがその後、オランダに復帰し、

アヤックスのライバルチームフェイエノールトロッテルダムでタイトルを獲得している。

The following two tabs change content below.

Naoki

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます! 静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」 サッカーファン同士のコミュニティを作るのが夢。 管理人の詳細なプロフィールはこちら  
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,795人の購読者に加わりましょう