【セリエA世界最強時代】ウイイレ6イタリア代表の能力が最強すぎた


☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
FIFA・ウイイレ
スポンサーリンク

PS2時代のウイイレ

今回も前回に引き続き、PS2時代の

ウイイレ6の振り返りをしたいと思います。

【2002年発売のウイイレ】ウイイレ6で日本代表の能力が低すぎた件
2002年日韓ワールドカップの年に発売されたウイイレ 今日は2002年ワールドカップの年に発売された 元日本代表中山雅史さんがパッケージをつとめた ウイニングイレブン6を紹介していきます。 中古ショップで80円で売ら...

2002年日韓ワールドカップの年に発売された本作では

今すでに引退している選手たちが多数収録されており、

それをみているだけでも懐かしい気持ちになります。

今回は日本人も大好きなイタリア代表をみてみたいと思います。

この頃はセリエAがまさに世界最強リーグだった時代。

さてどんな能力なのか楽しみですね。

 

ジャンルイジ・ブッフォン 2002年ユベントス所属

43歳となった今でも古巣のセリエBに所属するパルマでプレーする

衰え知らずなゴールキーパーです。

2002年はまだトルドというライバルキーパーと争っていた時代であり、

この頃ジジ(ブッフォンの愛称)は24歳と若かったのですが、

すでにディフェンスが96と驚異的な数値に。

ここからさらに15年ほどトップレベルでプレーするのだから恐ろしいですね。

 

パオロ・マルディーニ 2002年所属ミラン

すでに引退したイタリアのサイドバックであった

マルディーニ。

このときすでに33歳でしたが、スタミナが87と25歳くらいの選手並みにあったのと

ディフェンスが92と高く、もはやセンターバック並の能力でした。

現在は息子のダニエルがミランでプレーしており、彼の能力もどうなっているのか気になるところですね。

 

アレッサンドロ・ネスタ 2002年所属ミラン

2002年にラツィオからミランへと移籍したセンターバックのネスタ。

このときは26歳と一番油の乗っているときでした。

そのせいか、能力も全体的に高めで

ディフェンスとレスポンスが95以上、

ヘディング、ジャンプ力、テクニックも

それぞれ85以上と申し分ないセンターバックに仕上がっています。

 

ファビオ・カンナバーロ  2002年所属パルマ インテル

ウイイレ6ではパルマでの登録となっている

カンバーロ。現在は監督として活躍中ですが

この頃の彼はブッフォン、テュラムとともに

パルマで鉄壁のディフェンスを形成し、

名声を高めた直後でした。

恐ろしいのはジャンプ力でなんとカンストしていますね。

178cmしかないのに世界一のセンターバックとなった男は

ジャンプ力でカバーしていたというのが数値をみてわかります。

このときは28歳でした。

 

フランチェスコ・トッティ 2002年所属ローマ

ローマで現役を終えたローマの王子。

彼は2002年当時、25歳でした。

能力はやはり全体的に高めで

テクニックが95もありながらシュート力が90もあるという

手のつけられないFWとなっています。

このトッティがまさか決勝トーナメント1回戦の韓国戦で

退場となろうとは誰も予想していなかったでしょう。

 

クリスティアン・ビエリ 2002年所属インテル

18歳から禁欲したことは一度もないと明かす

まさに夜のモンスタービエリ。

彼は現役時代まさにピッチ上でも点をとりまくっていたので

モンスターだったといえるでしょう。

ウイイレ6では28歳とまさにピーク。

シュートテクニックがカンストしており、

オフェンスも98とゲームの中ではまさに最強FWとなっていますね。

Naoki★

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます!
静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 2015年からコラムサイトfootwallを立ち上げる。
プロサッカークラブの経営者になるのが夢。
管理人の詳細なプロフィールはこちら
 

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

26,043人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

FIFA・ウイイレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
Footwall

コメント

タイトルとURLをコピーしました