2015年にファンが選んだマンチェスターユナイテッドで売却すべき選手達

サッカーまとめ
この記事は約4分で読めます。

2015年当時のマンチェスター・ユナイテッドで売却するべき選手としてファンが選んだ3名を紹介する。

EA SPORTS FC24絶賛発売中!

アントニオ・バレンシア

Manchester-United-Man-United-Man-United-News-Man-United-Team-News-Man-United-Injury-News-Antonio-Valencia-Enner-Valencia-617364

バレンシア経歴

生年月日: 1985年 出身 エクアドル

経歴:

  • 2005年: ビジャレアルCFへ移籍
  • 2006年: レクレアティーボ・ウエルバへレンタル移籍
  • 2007年: ウィガン・アスレティックFCへレンタル移籍
  • 2008年: ウィガン・アスレティックFCへ完全移籍
  • 2009年: マンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍
  • 2019年: マンチェスター・ユナイテッドFC退団
  • 2019年: LDUキトへ移籍

マンチェスター・ユナイテッドFC時代:

  • 主将として活躍
  • 10年間在籍

その他:

  • エクアドル代表歴あり

マンチェスターユナイテッドで栄光の7番をつけたこともあるエクアドルの選手でファーガソン時代はウイング、サイドバックを起用にこなしていた。

ファンの支持率は48.5%。

ニック・パウエル

20130830Powell

ニック・パウエル経歴

生年月日: 1994年3月23日 出身: イングランド

経歴:

  • 2010年: クルー・アレクサンドラFCでプロデビュー
  • 2011/12シーズン: クルー・アレクサンドラFCで38試合14ゴール6アシストを記録し、チームをリーグ1昇格に導く。
  • 2012年: マンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍 (移籍金約9億円)
    • 2012/13シーズン: プレミアリーグ4試合に出場し1ゴールを記録。
    • 2013/14シーズン以降: ウィガン、レスター、ハル・シティなどにレンタル移籍。
  • 2016年: ウィガン・アスレティックFCへ完全移籍
  • 2019年: ストーク・シティFCへ移籍
  • 2023年イングランド4部ストックポート・カウンティFCへ移籍

マンチェスター・ユナイテッド時代:

  • 期待されたほど活躍できず、1年目はトップチームで6試合出場にとどまる。
  • その後、レンタル移籍を繰り返す。
  • 元ユナイテッドDFパトリス・エヴラは自伝で、パウエルについて「溶け込めなかった」「何を考えているのかさっぱり分からなかった」と評している。
  • パウエル本人は、ユナイテッド時代について「受難の日々だった」と語っている。

現在:

  • イングランド4部ストックポート・カウンティFCに所属。

評価:

  • 才能溢れる選手だが、トップレベルでは結果を残せていない。
  • 4部リーグ出身選手としては異例の高額な移籍金で注目を集めたが、その期待に応えられなかった。

2015年当時はまだ21才の若いプレーヤーであのファーガソンに才能を見出されてマンチェスターユナイテッドにやって来た選手の1人である。

ファンの支持率は37.8%。

マルアン・フェライニ

フェライニ経歴

生年月日: 1987年2月22日 出身: ベルギー

経歴:

  • 2006年: スタンダード・リエージュでプロデビュー
  • 2009年: エヴァートンFCへ移籍
  • 2013年: マンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍
  • 2019年: 山東魯能泰足球倶楽部へ移籍
  • 2024年: 引退

主な功績:

  • ベルギー代表として87試合に出場し18ゴール4アシストを記録
  • 2018 FIFAワールドカップに出場し、日本戦で決勝ゴールを記録
  • マンチェスター・ユナイテッドFCでFAコミュニティ・シールド1回、EFLカップ1回、UEFAヨーロッパリーグ1回優勝

マンチェスター・ユナイテッド時代:

  • 2013-14シーズン: エヴァートンから移籍
  • 当初はモイーズ監督に重用されたが、ファン・ハール監督就任後は構想外に。
  • アピールを続け、出場機会と結果を残す。
  • 6シーズン在籍し、チームを支える存在となった。

評価:

  • 194cmの長身とフィジカルの強さを活かしたプレーで活躍
  • 献身的な守備と攻撃への貢献でサポーターから愛された
  • アフロヘアもトレードマーク

ベルギー代表のMFでモイーズ監督時代に連れてこられた選手である。

2014年シーズンもファンハール構想の中の1人となり香川など多くの才能ある選手がリストラされるなか

このフェライニはユナイテッドに残留を果たした。

しかし2015年シーズンは低調なプレーが目立ち

先発した試合は僅かに4試合しかなかった。

ファンの支持率は27.9%。

コメント

タイトルとURLをコピーしました