ポーランドは50位でしょ!ポーランド対コロンビアに海外の反応は?

☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
サッカーコラム

 

スポンサーリンク

日本のグループリーグ突破にはセネガルが勝てば無条件で可能

先日の試合でセネガルと引き分けた日本は

第3戦のポーランドに引き分け以上なら進出が可能となる。

また同時に行われるコロンビア対セネガル戦でセネガルが勝てば、

仮にポーランドに負けても日本はグループを抜けることが可能に。

で、今日行われたコロンビアとポーランドとの試合でポーランドが3失点し

屈辱的な大敗を喫したわけだが

その試合に対しての海外の反応を少し紹介したい。

 

ポーランドはセネガルとコロンビアがグループリーグ突破をするために日本に勝たなければならない 海外の反応

Embed from Getty Images
——以下海外の反応——-

このワールドカップではポーランド(私の国)が最悪です!
誰かがボールを投げると、彼らは子供のように走ります。戦略はありません。
もっとプロの試合を見ているのでね!
FIFAのTOP 10?ハハ。彼らは50位でしょ。コロンビアからみればポーランドは相手にならない

彼らはコロンビアでプレーしていますか?スタジアムにコロンビア人がたくさんいます。

コロンビアはいくつかのセクシーなパスとゴールを行い、コロンビアの女性は🔥🔥🔥😍😍

ハメス・ロドリゲスが試合を決めた

何も起こらなかった!ポーランドは起こらなかった!😂

キンテロはとても過小評価されています。イタリアのペスカーラでは天才的なプレーをしていた。
残念なことにポルトではそれをしなかった。しかし、
ヨーロッパのより大きなクラブでプレーする可能性が彼にはある。

ポーランドのチームはコマーシャル上ならいいチーム。フィールドでは、
彼らは戦う意志が感じられない。
私はなぜこのロシアワールドカップにポーランドが
参戦しているのか分かりません。

ポーランド – コロンビア2006-コロンビアのゴールキーパーがゴールを決めた!

コロンビア – セネガル次の試合!!すぐに試合が動くでしょう
コロンビアはポーランドを完全に支配しました。私は
この試合内容のサッカーを愛しています!!!!!

コロンビア人はアフリカの兄弟です!ポーランドはセネガルと
コロンビアの両方がベスト16に進出するために
日本を破っていなければならない。イングランドと対戦するのはコロンビアだ。

私は日本とコロンビアがこのグループに通ることを望みますが、セネガルはコロンビアの対戦相手です。
興味深い第3試合です

このポーランドは世界で8位ですか?コロンビアは
ポーランドにとっては強すぎる。

ポーランドはオーストラリアより悪い

私のチームポーランドはグループHの中で最悪の2試合をした。ポーランドよりもランクが下の3ヵ国はもっと強力な相手との良い戦いを選ぶことができました。

アルゼンチンも同様にファンを失望させたと思うが、少なくとも彼らはグループを突破するチャンスがある。

ポーランドにとっては絶対に恐ろしい試合。私はポーランドチームから戦う意志や努力を感じられなかった。ポーランドのチャンスはほとんどありませんでした。コロンビアはとてもうまくいった。彼らは100%勝つのに値する。ブラボー!

 

レバンドフスキに決定的なパスができるパサーが不在のポーランド。日本にとってはグループの中で一番楽な相手

バイエルンで30ゴール近く決めているポーランドのエースレバンドフスキ。

さらにヨーロッパ予選でもゴールを重ね、代表でもゴールを決めることを証明してきた。

FIFAランクは8位と一桁台。

グループHの中で一番ランクが高く、グループ突破はほぼ確実、

国民の期待も高かった。

しかし初戦セネガル戦を落とし、

第2戦も絶対勝利が条件の中で11人となったコロンビアに手も足も出ず敗北。

エースレバンドフスキも2試合でノーゴールと沈黙。

今夏レアルへの移籍は噂されているがワールドカップで評価を落としてしまう。

第3戦グループリーグ突破をかけ日本はポーランドと対戦するわけだが

今の日本であれば勝つことはおそらく容易。

よほどの油断がなければセネガルほど手ごわくはないだろう。

レバンドフスキもパスがこなければ何もできない。

バイエルンではクオリティーが高い選手が揃っているので、レバンドフスキが守備を崩す必要がなく

ゴールさえしていればよかった。

だが代表では崩しのためのパサーがおらず、レバンドフスキは

シュートすら打たせてもらえない状況に。

前線へのパスを分断できれば日本に勝機は十分あり、

戦術がハマれば大差で勝つことも可能だろう。

ただポーランドは2002、2006年大会に出場した際、グループリーグ敗退となっているが

最後の試合ではなぜか勝利をそれぞれあげている。

火事場のくそ力的なものを日本戦でも発揮されると厄介。

油断は禁物なので日本の選手たちはより気を引き締めて試合に臨んでほしい。

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます!
静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」
プロサッカークラブの経営者になるのが夢。
管理人の詳細なプロフィールはこちら
 

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,327人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし 友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

サッカーコラム 海外サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました