シェアする

2年前はマンCよりも強かった…レスターシティ奇跡のプレミア優勝に貢献した6選手とは?

シェアする

2015年~16シーズンのプレミアリーグ、強豪ひしめくこのリーグにおいて当時、

充分な補強資金もなく降格の第一候補とも揶揄されたレスター、

しかし最後まであきらめない姿勢で並みいる強豪をことごとく打ち破り最後には

プレミアリーグ制覇という偉業を成し遂げました。

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

監督 クラウディオ·ラニエリ

Embed from Getty Images
かつてバレンシアやチェルシーと言った強豪チームの監督を歴任するも、

主要タイトル獲得には至らず。

レスター監督就任前はギリシャ代表監督を勤めたものの短期間で解任、

崖っぷちで引き受けたレスターにシンプルなカウンター戦術を植え付け奇跡を演出、

チェルシー時代には達成出来なかった栄誉を見事勝ち取って見せた。

GKガスパー·シュマイケル

Embed from Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドで活躍したGK、ピーターシュマイケルを父に持ち、

若くして将来を有望視されていたGK。

1年を通してレスターのゴールを守った守護神としてチームに欠かせない存在だった。

CBウェズ·モーガン

Embed from Getty Images
ジャマイカ代表でもキャプテンを勤めたモーガンは

当時のレスターでもキャプテンを勤めたDF、

優れた人格もあってキャプテンとしてチームメイトやサポーターから

「キャプテン·モーガン」の愛称で親しまれた。。

ちなみに優勝後、老舗酒造会社からニックネームを冠したブランデーが発売された。

MFエンゴロ·カンテ

Embed from Getty Images
シーズン開幕前に加入した無名のフランス人選手は豊富な運動量と

相手選手の攻撃の芽をことごとく摘む圧倒的な守備力でディフェンスラインを支えたMF、

チームの優勝に不可欠な働きを見せ「影のMVP」と称された。

その活躍を認められ、翌シーズンにチェルシーへ移籍。

MFリヤド·マフレズ

Embed from Getty Images
当時無名に近い存在だったアルジェリア代表のマフレズこのにとってこのシーズンは

大躍進のシーズンとなった。

ドリブル、パス、シュートと比類なき才能を見せ優勝に大きく貢献した。

FWジェイミー·ヴァーディー

Embed from Getty Images
数年前まで医療用の添え木を作る仕事をしながらアマチュアリーグでプレーしていた選手、

2015~16シーズンはプレミアリーグ新記録となる11試合連続ゴールを記録するなど、

シーズン24ゴールを記録、チームのエースの名に恥じない活躍で優勝に大きく貢献した。

FW岡崎慎司

Embed from Getty Images
前年までドイツのマインツで2シーズン連続2桁ゴールを記録した

この日本代表のストライカーのプレミア挑戦1年目の成績は、

リーグ戦30試合5ゴールとストライカーとしては物足りない数字だった。

しかし献身的に動き回り積極的に守備も行う姿勢は奇跡の優勝を遂げたチームで

重要な役割を果たし、いつしかチーム内でも人気選手の一人となった。

あれから2年、カンテ、マフレズはそれぞれ移籍、

チームの顔触れもやや変わってしまったものの当時抱いていた

情熱そのままに今シーズンもプレミアリーグを戦います。

The following two tabs change content below.
メールでfootwallの更新情報をゲット!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

28,832人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓