将来は欧州移籍しそう?2022年シーズンJリーグ注目の大卒ルーキー3選手

Jリーグ
この記事は約3分で読めます。

2022シーズンJリーグ注目の大卒ルーキー3選手

今回は2022シーズンJリーグ注目大卒ルーキー選手3名についてまとめました。

近年即戦力として大卒選手を獲得するJリーグチームが増えて、

大卒選手の注目が集まっています。

2022シーズンは138名の大卒選手が新たに加入しましたが、

今回は古橋、旗手選手のように将来は欧州に移籍しそうな

J1チームに加入した大卒ルーキー選手を紹介するので是非ご覧ください。

 

角田涼太朗(つのだりょうたろう) 横浜Fマリノス

筑波大学出身で、大学在学中に横浜Fマリノスと契約した逸材。

ポジションはCBで左利き。

持ち味は左足から繰り出されるロングフィードと後方から攻撃を組み立てるビルドアップ。

188㎝74㎏の体格を生かした一対一の守備。世代別日本代表にも選ばれた事もある。

横浜Fマリノスは後方から攻撃を組み立てるチームなので、

彼の持ち味は今後横浜Fマリノスの大きな武器になるだろう。

 

松井蓮之(まついれんじ) 川崎フロンターレ

法政大学出身で、世代別日本代表に選ばれたことがある。ポジションはMF。

178㎝73㎏とサッカー選手としては平均的なサイズだが、身体が強い。

持ち味はボール奪取と運動量。又川崎フロンターレスカウトは人間性を高く評価。

中村憲剛、小林悠、谷口彰悟、旗手怜央と数々の大卒の逸材を

スカウトしてきた川崎フロンターレがスカウトした選手なので、

彼の今後の伸びしろに期待。

 

山見大登(やまみひろと) ガンバ大阪

関西学院大学出身で、昨年大学在学中にガンバ大阪で特別指定選手としてプレー。

デビュー戦でゴールを決めた逸材。ポジションはFW。

持ち味は、165cm61㎏と小柄ながらスピードを生かしたドリブル突破、

パンチのあるシュート力とシュートの正確性。

彼のプレースタイルは昨シーズンのガンバにはなかった武器なので、

今後の活躍に大いに期待。

 

2022シーズンJリーグ注目大卒ルーキー3選手の経歴やプレースタイルについてまとめました。

注目の大卒ルーキー3選手は、

・角田涼太郎

・松井蓮之

・山見大登 です。

是非皆様もこの3選手に注目してみて下さい。

最近では中央大学の古橋選手や

順天堂大学の旗手選手など大卒出身選手が

ヨーロッパのチームに移籍し即戦力として

プレーしています。

それだけ大学サッカーというのはレベルが上っている

証拠なのでJリーグでも即戦力になる可能性は非常に高いと思います。

そういった視点でみるのもいいのではないでしょうか。

コメント