シェアする

長友だけじゃない!金髪が似合わなかった5選手とは?

シェアする

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

アレシャンドレ・パト 天津権健所属

中国の天津権健に所属し、将来はブラジル代表を背負って立つと期待された

かつてのブラジルの至宝。

今ではヨーロッパでプレーすることをあきらめ、中国のサッカーにすっかり馴染んでいるようだ。

そんなパトの髪色がなんと脱色しまくった金髪に。

海外メディアからはやりすぎと批判があがっている。

現在は元の黒髪に戻っているようだ。

Natal com ela❤️❤️ #sobrinha

Patoさん(@pato)がシェアした投稿 –

マッツ・フンメルス バイエルン所属

Embed from Getty Images
香川の元チームメイトで今やドイツの絶対王者バイエルンの最終ラインを支える

世界最高峰のCBである。

元々イケメンなフンメルス。

はっきりいって特別な何かをしなくてもかっこいいので

髪は染める必要がない。

しかし何を血迷ったのか2016年暮れのシーズン中に金髪に変貌。

どうやらおしゃれのためではなくオクトーバーフェスト(ドイツの伝統的なビール祭り)の賭けに負けて

仕方なく染めることになったようだ。

ダニエウ・アウベス パリサンジェルマン所属

Embed from Getty Images
ちょうどブラジルワールドカップの頃だろうか。

同じくブラジル代表のネイマールと仲がいいダニエウ・アウベスは髪を金髪に染めていた。

ネイマールももちろん金髪で、彼に錯覚させるためとアウベスは言っていたが実際はわからない。

アウベスはやはり黒の方が似合っている。

リヤド・マフレズ レスターシティ所属

Embed from Getty Images
マフレズはこの頃、マンチェスターシティからオファーがあり、

レスターシティから出ようとしていた。

そのため、アピールのため金髪になったのではと自分は予想した。

特に似合っているわけでもないのでおしゃれではないだろう。

リオネル・メッシ バルセロナ所属

Embed from Getty Images
2016年コパアメリカに敗退したアルゼンチン代表。

その責任からか、代表の中心だったメッシは引退を発表。

その後、突如金髪にして

「ゼロからやりなおす」と宣言。

だがまもなく代表に復帰している。

メッシはベテランの年齢になってくると同時に

腕や足にタトゥーが多くなっていった。

それが影響してか、金髪に賛成意見もあるものの

反対意見として「マフィアみたい」との声が。

正直、メッシには金髪は似合わないと私も思う。

The following two tabs change content below.
メールでfootwallの更新情報をゲット!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

28,832人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓