【若干32歳の監督】ナーゲルスマンがライプツィヒを率いる前の経歴とは?

☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
サッカーコラム

みなさんは現在ライプツィヒで指揮を執っていますナーゲルスマンをご存知でしょうか?

彼はまだ32歳と若いながらも、ドイツでも指折りの監督として認知されています。

今回は彼が監督となる前を振り返っていこうかと思います。

いくつかのトピックにまとめましたので、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

ナーゲルスマンの経歴

・ナーゲルスマンの選手歴

彼はFCイッシングで選手としてのキャリアをスタートさせました。

その後アウグスブルグのBチームを経てナーゲルスマンは

FCイッシングのユースで選手キャリアをスタートさせた。

その後FCアウクスブルクのBチームを経て、

TSV 1860ミュンヘンへ移籍しました。

2006-07シーズンにBチームへ昇格したものの負傷の影響で試合には出場できませんでした。

そして2007-2008年シーズンに20歳の若さで現役を引退しました。

・指導者としてのキャリア開始

この引退の決断はシーズンの途中であったため、

クラブとの契約が残っていました。

そのため当時アウグスブルグⅡの監督であった

トゥヘル(現パリ・サンジェルマン監督)の元で

スカウトとして活動することとなりました。

その時にトゥヘルに指導者の道に挑戦した方がよいと言われ、

1860ミュンヘンからU-17のアシスタントコーチのオファーを受けたため指導者としてのキャリアをスタートさせる事を決めました。

その2年後にホッフェンハイムに移るとU-17チームのアシスタント、

U-17監督、トップチームアシスタントを務め、

2013-14シーズンに

就任したホッフェンハイムU-19チームでは

当時26歳でチームをU-19年代のドイツ王者に導きました。

 

ホッフェンハイムでトップリーグデビュー

2015年10月に2016-17シーズンからホッフェンハイムのトップチームを率いることが発表されました。

ですが2016年2月11日、前監督のフーブ・ステフェンスが

健康上の理由で辞任したことによって、

前倒しでの監督就任が発表されました。当時28歳での監督就任でした。

就任時、チームは降格圏内である17位に位置していた。

来シーズンを見据えての登用という見方もできましたが、

卓越した手段を発揮して、残り14試合で7勝2分5敗という成績を残してチームを残留に導きました。

地域リーグでJリーガーを目指してサッカーをしています。よかったら応援よろしくお願いします。

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,327人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし 友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

サッカーコラム 海外サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました