フットボールマネージャーPC版とモバイル版の4つの違いとは?

FIFA・ウイイレ
この記事は約3分で読めます。

フットボールマネージャーPC版モバイル版の違い①値段

PC版 steam 4990円

モバイル版 1220円

フットボールマネージャーをプレイしたいと思っている方は

PC版とモバイル版どちらをプレイするか迷うのではないでしょうか。

まず違いとしては値段が挙げられます。

モバイル版は1220円とお手頃で

PC版はSteam経由ですので4990円とかなりお高い。

ちょっと買うのにはしんどいなと思ってしまう値段となっています。

しかし場合によってはSteamはセールをするのでこの値段よりも安くなる可能性があります。

セールはいつやるかタイミングがわからないので常にチェックする必要があります。

 

フットボールマネージャーPC版モバイル版の違い②Jリーグが入れられない

フットボールマネージャーのPC版モバイル版の違いとして

挙げられるのが正規のJリーグがプレイできないということです。

Jリーグのライセンスをフットボールマネージャー自体がとってないので

チームも選手も偽名収録となっています。

PC版はJリーグをMOD(パソコンゲームの改造データ)で

入れることができるのでJリーグとしてプレイすることが可能です。

しかしモバイル版はそれを入れる術がないので、

そのままプレイせざるを得ません。

 

フットボールマネージャーPC版モバイル版の違い③英語と日本語

フットボールマネージャーのPC版はワンクリックで

日本語化ファイルをダウンロードでき設定も簡単にできます。

フットボールマネージャーはデフォルトが英語なのでそれぞれの言語に変える必要があるのですが

モバイル版は日本語ファイルをダウンロードできないので

デフォルトの英語もしくは他の収録言語でプレイする必要があります。

モバイル版のレビューをみると毎シーズン同じ投稿があり

「日本語にしてほしい」と多くのユーザーが望んでいます。

 

フットボールマネージャーPC版モバイル版の違い④エンブレム顔写真が変更できない

フットボールマネージャーはブンデスリーガとリーグアン以外の

欧州サッカーヨーロッパ5大リーグに関して

ライセンスを取得しておらず

エンブレムを正規のものに変更する必要があります。

セリエAや

プレミアリーグはワトフォードなど一部のチームのエンブレムが正規となっています。

PC版は先程のMODを入れることで解決できますが

モバイル版は変なエンブレムでプレーする必要があります。

しかも顔写真も未設定なのがほとんどで

選手名が英語表記だとますます誰かわからなくなります。

PC版では顔写真データをダウンロードして

設定も簡単にできるのですが

モバイル版ではできないようです。

 

モバイル版はその他細かい設定ができなさそう


私自身モバイル版をプレイしたことがなく

ネットの記事を元にできないことをあげてきましたが

実際プレイすると

おそらくもっとできないことがありそうな感じです。

例えばスタッフの管理とか

記者会見とか

戦術もどこまで設定できるのかモバイル版はあやしいですね。

下部組織からも選手をひっぱれるのかな?

もしモバイル版をプレイされている方は情報を

提供してくれると助かります。

コメント