開始わずか131秒のGK退場劇!ブンデスリーガで2人のゴールキーパーがしてしまった恥ずかしいプレー動画がこちら!

☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
珍プレー
Getty Images

 

上の動画は現在ブンデスリーガ2位につけている

ライプツィヒと長谷部の所属するフランクフルトとの試合で

フランクフルトのゴールキーパーフラデツキーがレッドカードで退場したときのものである。

 

スポンサーリンク

フランクフルトのGKフラデツキーが開始わずか3分でレッドカードで退場。ペナルティエリアの外で手を使う珍事

相手の縦パスから決定的なチャンスを作られしてしまったフランクフルトは

味方GKフラデツキーがペナルティエリアの外に飛び出し

スライディングから足で防ごうとしたところ

まさかの手を使ってしまい

1発レッドカードで退場。

Getty Images

この試合、フランクフルトは10人での戦いを強いられ

好調ライプツィヒに3-0で完敗した。

試合開始からわずか131秒という早さだった。

ちなみに退場したフラデツキーはフィンランド代表である。

 

宇佐美貴史のアウクスブルクとボルフスブルクとの試合ではベナーリオが味方のバックパスをクリアミスして失点

現在ブンデスリーガ14位と低迷しているボルフスブルク。

チーム不調のもしかしたら選手の気のゆるみなのかもしれない。

それを裏付けるかのように起きたのが

第18節で起きた

ゴールキーパーのキックミスである。

相手にプレッシャーをかけられていた

ボルフスブルクの最終ラインの選手は早い速度で

味方GKベナーリオにバックパス。

それをクリアミスしてしまい

それを逃さなかったトルコのハミト・アルティントップに

ヘッドで決められてしまった。

この試合はアウクスブルクが2-1勝利。

日本代表の宇佐美貴史は右サイドで先発したが見せ場なく途中交代している。

ベナーリオといえばブラジルワールドカップにスイス代表として

活躍した世界基準のGKである。

そんなゴールキーパーも毎試合完璧にはプレーできないという

のが証明された試合でもあった。

ゴールキーパーは経験というものがそのままプレーに表れるポジションでもある。

ヨーロッパのきついプレッシャーを受けながら冷静にプレーするのは

すごく難しいのだろう。

いつの日か、ブンデスリーガで活躍している日本人ゴールキーパーのこうした

ミス動画を紹介したいものである。

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます!
静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」
プロサッカークラブの経営者になるのが夢。
管理人の詳細なプロフィールはこちら
 

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,327人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし 友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

珍プレー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました