【動画あり】日本代表監督ハリルホジッチ今度は岡崎と長友にドリブル上達指令!実際にメッシのドリブルを確認してみると?

☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
スーパープレイ

選手2人にスタッフは17人。午後の練習光景はなんともアンバランスだったが、ハリルホジッチ監督の熱烈指導が始まると、岡崎と長友は真剣な表情で元ユーゴスラビア代表FWとして活躍した指揮官のテクニックに見入った。

7本のポールを立ててのスラロームでは、身体の入れ方やインサイドとアウトサイドのタッチの仕方はもちろんのこと、切り返しの角度やタッチ数まで指示。直径約60センチメートルのフープの周りを回るドリブルの際はタッチ数8という非常に細かいタッチが要求された。

「あらためて技術が大切だということを感じた。アウトサイドとインサイドのタッチも細かく言われたし、なんでこれが必要かということが分かった」と岡崎。長友は「めちゃめちゃ細かいタッチを要求された。やったことない細かさで、(リオネル・)メッシをイメージするくらいの勢いだった」と話した。

2部練習で追い込む日本代表 長谷部「マガトさんに比べれば…」 | ゲキサカ
 日本代表は2日、千葉県内で合宿2日目のトレーニングを行い、前日1日に続いて海外組8選手が午前と午後の2部練習に参加した。この日のトレーニングも“走り”がメイン。前日1日に行ったインターバル走で計測したハ...

 

スポンサーリンク

バルセロナのメッシのようなドリブルとは?

ハリルホジッチ監督が体脂肪に続き、またも斬新で面白い指導をしていますね。

今までの日本代表監督というと個人技の指導よりかは、前ザッケローニ日本代表監督もそうでしたけど、

新しいフォーメーションを試すようなゲーム形式の指導が多かったような印象がありますよね。

それに比べるとハリルホジッチはチームの練習というよりかは選手1人1人に対しての個人レッスンが多いみたいです。

でも「日本に足りない個」の部分を強化してくれるというのは、日本サッカーの全体的なレベルアップにも繋がりますし、

何より世界を相手にするわけですから非常に重要な指導かと思います。

長友はインテルで退団報道されているし、岡崎はプレミアに移籍するんじゃないかって噂があるのでこの2人のドリブルテクニックが

上達するのは新しい監督にアピールできる強みが増えることにもつながりますので非常にいいことなのではないでしょうか。

さてニュースになっているメッシをイメージするくらいのドリブルですが、

どんなもんかということで

このドリブル動画をシェアしたいと思います。


20150313_haril1_getty-560x373これだけのドリブルを現在62才のハリルホジッチがしたというから驚きですよね。

まだまだキレキレやんww

選手時代にはもっとすごいドリブルをFWの選手だったのでユーゴスラビアの代表での試合でしていたのでしょうか。

ハリルホジッチが出場している試合かはわかりませんが、現役のときのユーゴスラビア代表の試合映像がありましたのでシェアします。

このドリブル猛特訓で岡崎と長友がどれだけうまくなったのか、次の試合が非常に楽しみでありますね。

早く試合やってくれー(笑)

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます!
静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」
プロサッカークラブの経営者になるのが夢。
管理人の詳細なプロフィールはこちら
 

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,429人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし 友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

スーパープレイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました