あの名選手の【噛みつき・転倒…】サッカーの名場面を集めた動画がすごい!

☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
スーパープレイ

スポンサーリンク

リバプールが初優勝を逃すことになったジェラードの転倒、スアレスの噛みつき・神の手

リバプールの初優勝が目前に迫っていた

2013-2014シーズンのプレミアリーグ。

名手ジェラードのスリップ事件は今でも語り草である。

チェルシーとの大一番をホームアンフィールドで行った

リバプールだったが、ボールを受けたジェラードがまさかの転倒。

その隙を逃さなかったチェルシーのストライカー、バが冷静にゴールネットを揺らした。

これが原因でリバプールは最終的に2位でフィニッシュ。

シティに優勝をゆずっている。

ジェラードは自伝でも自分のこの過ちを反省していることから、歴史に残るシーンとなるだろう。

そして忘れてはいけないのはジェラードともリバプールで共闘した

スアレス2度の噛みつき事件である。

スアレスはまずチェルシーのDFイバノビッチに噛みつき話題をさらうと

バルセロナに移籍する直前に行われたワールドカップイタリア戦で

キエッリーニに噛みつき、世界中の人の度肝を抜いた。

これで一時期、スアレス=噛みつきというイメージが定着している。

また2010年南アフリカワールドカップでもスアレスは

神の手を使い、ゴールを阻止し退場処分となったが、

チームはガーナをPK戦の末やぶりベスト4の成績を残している。

 

ジダンの頭突き事件、モウリーニョのスペシャルワン発言、ルーニーの超絶オーバーヘッド

2006年ワールドカップ、決勝戦はイタリアとジダン要するフランスのヨーロッパ対決となった。

フランスが優勢と思われた決勝だったが、突如イタリア代表DFマテラッツィの挑発に

ジダンがブチ切れ、頭突きをお見舞いし1発退場となる。

ジダンを失ったフランスは善戦するもPK戦で敗れ、イタリアに優勝を譲ることに。

14年があれから経過するが、今も記憶に新しい名勝負だった。

モウリーニョのスペシャルワン発言。

若い頃のモウリーニョが残した名言。彼は優勝する可能性がない

ポルトガルのFCポルトで見事チャンピオンズリーグを制覇し

ヨーロッパの頂点になった。

その功績が認められ、チェルシーへと移籍。その際、会見で自らを

スペシャルワンと評したのである。

2011年のマンチェスターダービーで生まれたのが

当時エースだったルーニーのバイシクルだ。

相手キーパーも呆然とするスーパーシュートは長いプレミアリーグの中でも

一番のゴールとファンは評する。

 

名場面をまとめたサッカー動画はおもしろい、こういう動画に日本人も入ってほしい

いかがだっただろうか。

歴史に残る名場面を集めた動画で気になったシーンをいくつか今回は紹介させてもらった。

当時を振り返り、懐かしいと思った人もいるのではないだろうか。

こういった動画にヨーロッパで活躍する日本人選手が入ってくれると

いいなーと私は思う。

またおもしろい動画があれば紹介させていただきます。

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます!
静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」
プロサッカークラブの経営者になるのが夢。
管理人の詳細なプロフィールはこちら
 

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,529人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし 友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

スーパープレイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました