2015年夏フェイエノールトに移籍した元オランダ代表ディルク・カイトのリバプール時代のゴール集!

☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
スーパーゴール

1760192_w2

スポンサーリンク

ディルク・カイト

35才 フェイエノールト所属 ポジションFW MF

フェイエノールトでは過去に小野伸二とプレーした経験を持つ

今夏移籍したフェイエノールトはカイトにとっては古巣で、前の在籍時には元日本代表小野伸二やファン・ベルシーなど共にプレーしていた。

そしてオランダで活躍したのち、2006年にプレミアリーグの強豪リヴァプールへと移籍する。

 

1シーズン目から2桁得点も翌シーズンはトーレスにトップの座を明け渡す

リバプールに移籍した直後、カイトは目覚ましい活躍をみせ12得点し2桁得点でシーズンを終えた。

翌シーズンも同じようにトップでプレーすることが予想されたが、戦術の変更、現在アトレティコマドリードに所属しているフェルナンド・トーレスの加入によって、定位置を追われることになる。

しかしポジションを右のウイングに移すと、新たなる才能が開花。

これ以降、チームのレギュラーとなる。

2011-2012シーズンに持ち前の運動量が低下したことが理由で、戦力外となり退団。このシーズン終了後トルコのフェネルバフチェに移籍する。

 

2014年ブラジルワールドカップではサイドバックを務めた

カイトという選手は監督を選ばない。その理由は高いユーティリティー性にある。

トップから最終ラインまでこなすことができ、ブラジルワールドカップではSBを見事に務め上げオランダを3位に導いた影の立役者である。

左のウイングバックで先発したFWディルク・カイトは後半11分からは右のウイングバックに回り、後半31分にFWクラース・ヤン・フンテラールが投入されると、右ウイングにポジションを上げた。この試合がオランダ代表史上7人目となる国際Aマッチ100試合目の出場だったカイトは「彼は世界最高の戦術家だ」と、ルイス・ファン・ハール監督の手腕を称えた。

オランダの逆転劇呼び込んだファン・ハール采配、カイト「世界最高の戦術家」 | ゲキサカ
 大胆な采配が劇的な逆転勝利を導いた。3-4-1-2でスタートしたオランダ代表は後半3分に先制を許すと、試合の中で4-3-3、4-2-4へとシステムを...

オランダの監督だったルイス・ファン・ハールの采配も見事だが、試合中のポジション変更に関わらず優れた対応力をみせたカイトも賞賛したい。

 

現代のサッカーではカイトのような選手が必要

キーパーですた11人目のフィールドプレーヤーと言われるようになった現代のサッカー。これからのフットボールはこのカイトのような選手がより一層求められるようになるだろう。

逆にいえば「俺はセンターフォワードしかやらないよ」という選手は使ってもらうことが難しい時代になっていくのかもしれない。

当サイトの管理人 フットウォールYouTubeやってます!
静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと勘違いしている「サッカーバカ」
プロサッカークラブの経営者になるのが夢。
管理人の詳細なプロフィールはこちら
 

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,327人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし 友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

スーパーゴール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました