元イタリア代表でセリエA得点王にもなったディ・ナターレが現役引退・・そのプレースタイルと輝かしいキャリアとは?

☆友達追加するとfootwallの記事更新通知がきます、
サッカーの名言も配信中です!↓↓
友だち追加
サッカーコラム
スポンサーリンク

元イタリア代表・セリエA(イタリア)ウディネーゼ所属 FWアントニオ・ディ・ナターレ(38歳)

ディ・ナターレって? という人のために

ディ・ナターレ-アイキャッチ

アントニオ・ディ・ナターレは、

セリエA(イタリア)ウディネーゼ所属/元イタリア代表。

現在38歳。愛称は「トト」である。

イタリアでは知らない人のいない選手だが、日本ではピンとこない人も多いだろう。

ポジションはFW。身長170cm/体重73kg。右利き。

Jリーグ・川崎フロンターレ所属の大久保嘉人と同じである。

大久保嘉人

セリエA:通算208ゴールは歴代6位

はっきり言って、ディ・ナターレはスター選手ではない。

本人も

「俺は、彼らのような“ヌーメロ・ウノ”にはなれないんだ」
※ヌーメロ・ウノ=超一流選手

ディナターレがセリエA通算200点。“傍流”の男が達成した偉業の真価。(弓削高志)
ウディネーゼの主将であるFWディナターレが、先月下旬の12節キエーボ戦で、セリエA通算200ゴールを達成した。この大記録に到達したのは、過去6人しかいない。通算得点記録歴代1位のピオラを筆頭に、

と語っている。

しかし、数々のすばらしい実績を残している。

なんと言っても、セリエAで通算208ゴールを記録している。

ちなみに、通算200ゴール以上を達成した選手は、過去7人しかいない。

  1. シルヴィオ・ピオラ(274ゴール/537試合)
  2. フランチェスコ・トッティ(237ゴール/567試合)
  3. グンナー・ノルダール(225ゴール/291試合)
  4. ジュゼッペ・メアッツァ(216ゴール/367試合)
  5. ジョゼ・アルタフィーニ(216ゴール/459試合)
  6. アントニオ・ディ・ナターレ(208ゴール)
  7. ロベルト・バッジョ(205ゴール/452試合)

驚いた方も多いだろう。そう、ディ・ナターレは・・・

ロベルト・バッジョよりも得点を挙げているのだ!!

体格的に恵まれているほうではないにも関わらず、これだけの得点が獲れるのは、

ゴールへの嗅覚に優れ、DFとの駆け引きやポジショニングが秀逸という特徴に由来する。

プレースタイルが近い選手としては、元イタリア代表フィリッポ・インザーギや

元スペイン代表ラウル・ゴンサレスではないだろうか。



日本人なら、Jリーグ・サンフレッチェ広島所属の佐藤寿人あたりだろう。

佐藤寿人は次のように語っている。

「イタリアが大好きなので応援しているんですが、ディナターレには刺激を受けました。
フィニッシュまでのボールの引き出し方が多彩で、ゴールのバリエーションも豊富」

<Jリーガーが見たEURO> 佐藤寿人のストライカー論 「ディナターレに自分を投影した」(飯尾篤史)
Jリーグを代表するゴールハンター・佐藤寿人。彼の目には、欧州のストライカーたちはどう写ったのだろう。好きな得点パターン、点取り屋たちへの共感、さらに0トップまで“ゴール前”の争点を深掘りする。

 

イタリアの大久保嘉人こと ディ・ナターレのキャリア(経歴)

エンポリからウディネーゼへ

イタリアのナポリで生まれ育ったディ・ナターレの子供の頃のアイドルは、

SSCナポリの元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナだった。

ディ・ナターレは、1996-97シーズンにセリエA(イタリア)エンポリで

プロとしてのキャリアをスタートさせたが、初めはなかなか出場機会に恵まれず、

レンタル移籍に出され、いくつかのチームでキャリアを積んだ。

1999-2000シーズンにエンポリに復帰すると、当時セリエBに降格していたチームをセリエA昇格に導いた。

2003-04シーズン、エンポリがセリエBへ降格し、2004年夏からウディネーゼに移籍し、

4位躍進の原動力となり、現在に至る。

個人成績としては、2009-10シーズン・2010-11シーズンには2年連続でセリエAの得点王となっている。

驚くべきは、ビッグクラブでプレーすることなく、地方クラブでこれだけの成績を残していることだ。

イタリア代表

2002年に代表デビューしたが、同じポジションにはアレッサンドロ・デル・ピエロがいた。

そのため、一時期はイタリア代表に招集されなかったが、2016年FIFAワールドカップ(W杯)ドイツ大会で

イタリア代表を優勝へ導いたマルチェロ・リッピ監督が勇退し、ロベルト・ドナドーニ監督に代わると、

再びイタリア代表へ召集され、2010年W杯南アフリカ大会では、背番号10を背負って出場した。

UEFA欧州選手権(EURO)2012では、グループリーグでスペインから得点を奪ったが、この得点は、

優勝したスペイン 唯一の失点

である。(PK戦以外)

引退は早すぎる?!

ディ・ナターレが引退する理由は?

日本では昨年、50歳となったプロ野球・中日ドラゴンズの山本昌投手の引退が話題となった。

山本昌

「若返りを推進しているドラゴンズの現状を目の当たりにして、
ボクが残ったらダメだと強く感じ、引退を決めました」

山本昌50歳、ついに引退決断の時。「ラジコンはもちろん再開するよ」(田口元義)
中日に押し寄せる年波。それが今季、チームの功労者たちの引退、退団という顕著な形となって現れた。

38歳となったディ・ナターレも、引退の理由を次のように語っている。

「若手に出場機会を与えるのが正しいことだろう。ウディネーゼには多くの優れた若手がいる」

http://paninifootballleague.com/worldsoccer?wsid=39498

年齢を重ねると体がかたくなったりして、怪我が増えることも多くなる。しかも、回復は遅くなる。

年齢的な限界は、スポーツ選手の宿命だ。

まだまだやれる!?

現役引退を示唆しているディ・ナターレは、次のようにも語っている。

「自分は38歳だが、プレーし走るのは、今も変わらず楽しいものだね」

http://paninifootballleague.com/worldsoccer?wsid=39498

確かに、今シーズンは思うような結果を残せていないかもしれない。

しかし、39歳にしていまだ現役であるセリエA(イタリア)ASローマの

FWフランチェスコ・トッティのように、日本人でいえば、かつての中山雅史のように、

「ここぞ」というところで投入すれば、得点が期待できる選手ではないだろうか。

アメリカや中東のチームが興味を示しているという情報もある。

まだまだ活躍を見たい偉大な選手である。

Jリーグのチームもどこか、獲得に乗り出してみたらどうだろうか。


 

埼玉県在住のサッカーフリーク。主に海外サッカーが専門。Naoki、Seiyaとは仲がいい。
好きなフォーメーションは4-3-3。
選手のプレーをサッカー経験者の目線で分析する。

footwallをフォローする
記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

27,529人の購読者に加わりましょう

footwallの最新記事の更新通知が友達追加できます。サッカー関連の名言も配信中です!
友達追加したい方は下記のボタンをタップしてね☆
やじるし 友だち追加
ボタン追加できない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

サッカーコラム 海外サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
footwallをフォローする
スポンサーリンク
サッカーコラム| footwall | フットウォール

コメント

タイトルとURLをコピーしました