シェアする

ロシアワールドカップ後に【FIFAランク】がガクっと下がった3ヶ国とは?

シェアする

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

日本はワールドカップでコロンビアに1勝したことでFIFAランクが55位に上昇

日本はワールドカップ前FIFAランクが61位という順位だったが、ワールドカップでベスト16入りをしたことで

55位に順位をあげた。

8月に発表された最新のFIFAランクでは日本だけでなく、ワールドカップで躍進した国は

みんな順位が大幅に上昇している。

中でもフランスと決勝を戦ったクロアチアは20位から一気に4位まであがっており、

トップ4入りを果たした。

クロアチアの上にはブラジル、ベルギー、優勝国フランスが名を連ねる。

だが一方でワールドカップの成績が良くなかった上位のチームはかなり順位が下がっており

そのふり幅が激しかった国を紹介していこうと思う。

ドイツ ワールドカップ前1位⇒ワールドカップ後15位

Embed from Getty Images
ワールドカップ前、常に1位をキープし続けていたブラジルワールドカップの覇者ドイツ。

ワールドカップを連覇するのではないかと噂され、前評判が非常に高かったチームは

開幕までに調子をあげることができず、グループリーグではあの韓国に負け、

トーナメント進出をはたすことができなかった。

ドイツは大会後FIFAランクが14個も下がり、15位。

コロンビアよりも1つ下の順位となってしまった。

ポーランド ワールドカップ前8位⇒ワールドカップ後18位

Embed from Getty Images
バイエルンで活躍する世界最高峰のストライカー

レバンドフスキを擁しているポーランドも大会前の評判が高かった。

だがレバンドフスキは大会中無得点と不甲斐なさを露呈。

チームもFIFAランクがはるか下でしかも控えメンバーで戦った日本に1勝をあげただけだった。

大会後はFIFAランクが10個も下がり18位。

アイスランド ワールドカップ前22位⇒ワールドカップ後32位

Embed from Getty Images
アイスランドは人口わずか35万人の小さな国だが、独自の育成法により

ダイレクトプレーに長けた選手を育て上げ、ワールドカップ初出場を果たした。

初戦のアルゼンチンとの試合ではなんと国民の99.6%がテレビ観戦したというから驚きだ。

強豪揃いのヨーロッパ予選を勝つ抜いたことで大会前のFIFAランクは22位とかなり上位につけていたが

ワールドカップでは1勝もできず敗退。大会後は大きく順位を下げ32位となってしまった。

The following two tabs change content below.
メールでfootwallの更新情報をゲット!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

28,832人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓