シェアする

試合勘のない海外組は使わず国内組を呼べ!ハリルジャパンに呼んでほしいJリーガー4選手がこちら!

シェアする

【footwall】公式SNS

フォローする

バルサやブンデスリーガの観戦チケットとるなら↓

皆さんこんばんは

最近は暖かく過ごしやすいですね。

さて3月からアジアワールドカップ最終予選予選が再開しますね。

そこで今回是非代表に読んで頂きたい選手をピックアップしました。

スポンサーリンク

DAZN

新品価格
¥0から
(2018/11/28 14:21時点)

鈴木優磨 FW 鹿島アントラーズ所属

今季より鹿島アントラーズでエース番号の9番を背負い戦う鈴木選手ですがとにかく調子がいいです。

プレシーズンマッチを含め6戦連発と絶好調です。

また高さと足元の技術も兼ね揃え非常に楽しみな選手です。

若さあふれるふてぶてしさも是非代表で見たいと思わせる選手ですね。

サイドハーフとセンターフォワードでプレー可能な選手なのでユティリティ性を買われて代表入りもあると思っています。

運動量とスピード、駆け引きを磨き代表で見てみたい選手です。

中村憲剛 MF 川崎フロンターレ所属

言わずと知れた川崎フロンターレの象徴的存在の選手ですね。

中村選手のパスやゲームの組み立ては日本代表で見てみたいですね。

36歳にして今尚Jリーグのトップ選手として活躍しているのは並大抵な努力じゃないはずです。

フロンターレでのキャプテンシ‐を含めて是非代表に読んで頂きたい選手です。

キックの質やトラップからパスまで速さを生かしてまた今年も輝いて欲しいです。

ハリルさん中村選手を呼んでください。

林彰洋 GK FC東京所属

林選手は今季よりサガン鳥栖からFC東京に移籍してきました。

私は今までこの選手が代表に定着してない時点で疑問に思っていました。

192センチと長身ながら足元の技術も兼ね揃えていて尚且つセービングも安定感があり、

サガン躍進のきっかけは彼にあったと言って過言ではないと思います。

ハリル監督が求めるキーパ像に一番近い選手だと私は思っております。

たまに凡ミスもありますが、そこを減らせば必ずや代表に選ばれると思います。

まずはFC東京で結果を残す事を優先して欲しいですね。

大前元紀 FW 大宮アルディージャ所属

今季より清水エスパルスから大宮アルディ‐ジャに移籍しました。

大前選手はシュート精度とポジショニングの良さとテクニックに秀出た選手です。

勝負所でのゴールを数多く見てきました。

今の日本代表に必要な能力を持った選手だと思います。

また、フリーキックの得点も多くあり今の日本にキッカーが清武選手のみなので

その点も含めてみてみたいです。小柄ながらフィジカル能力も高く戦える選手です。

移籍先での結果次第では代表招集もあると秘かに思っています。

ハリルホジッチ監督は日本代表に国内組をもっと入れるべき。そしてアジア最終予選は絶対突破

最後に今の日本代表は海外組で固定していますが、

中々チャンスを掴む事が出来ていない選手が多いです。

そんな時だからこそ国内に目を向ける必要があると私は思っています。

海外組もうかうかできない状況を作り出す事も大切ですね。

清武選手が試合に出なかったら評価されないと言っていましたが

まさにその通りだと思います

絶対に負けられない戦いだからこそ調子の良い選手を呼ぶべきだと思います。

上記で挙げた以外で良い選手はまだまだ沢山います。

ハリルホジッチ監督見てください。そして必ず予選は突破です。期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事更新をメールで受信

メールアドレスを記入していただければ、記事更新をメールで受信できます。

28,388人の購読者に加わりましょう